みほこ  ミホコ  mihoko

  

【(み祝)】
成功。成就。慶賀。おめでた。

『とほこもて さくるみほこの したたりか こりなるしまお おのころと』ホ18

 

「みほく」の名詞化。
「みほく」は「みふ(満ふ)」と同義語「ほく(祝ぐ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

類語:「ほこ(祝)
関連語:「みおける」「みほこる

 
 

【御矛】
矛の尊敬語。
1.二尊からアマテルに受け継がれた アマノサカホコ(和の逆矛)

『くしひこうまれ すくなれは さつくみほこに かんかみて みもろにいりて』ホ28

2.皇が授ける矛。征夷大将軍の璽。(カゴ弓ハハ矢に相当)

みほこおうくる やまとたけ むかしみたまの ふゆにより くまそおむけぬ』ホ39

 
み(御)」+「ほこ(矛)

類語:「あめのほこ(和の矛)」「さかほこ(逆矛)あまのさかほこ(和の逆矛)

  

10/06/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】