みほ  ミホ  miho

  

【(妙)・美保・美穂・三保】
D: 正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『おほなむち こたゑとわんと みほさきの つりえききすの いなせはき』ホ10
『くしひこよ くにつめとらは うとからん わかみほつひめ つまとして』ホ10
みほひこのつま すゑつみか いくたまよりめ そやこうむ』ホ10
『まつりこと こやねものぬし ともにたせ みやうちのたは みほひめと』ホ26
『あのねせは ことしろぬしか みほのつり ちちかすすかの みそきなすまて』フあねせ

 
みふ(満ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。これは「ゑみす(笑みす)」と同義。

変態:「みや(雅)」「みゑ(見栄)」「いや(弥)」「にや(熟)」「うえ(上)」「よろ(嬉)」「うや(敬)

 
 

【(水火・陰陽・和)】
水と火。陰と陽。またその融合。陰陽和合。

『あめとこたちと わのそひも あしかひひこち とこたちの みよはみほかみミ序

 
み(陰・地・水)」+「ほ(陽・天・火)
また「みふ(見ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・やわす・融合する」などの意。

変態:「めを(陰陽)みお(三尾・和)」「にお(鳰・和)」「みよ(和・結)」「みや(和)
類語:「いせ(妹背)」「いもせ(妹背)
あわ(陽陰)」「あめ(天地・陽陰)」「をめ(陽陰)」「やわ(陽陰)

  

10/03/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】