みほつひめ  ミホツヒメ  mihotuhime
みほひめ  ミホヒメ  mihohime
みほつめ  ミホツメ  mihotume

  

【三穂津姫】<人名>

『くしひこよ くにつめとらは うとからん わかみほつひめ つまとして』ホ10
『をやこころ とけぬみほつめ こもりたら』ホ17
『ひめははち おちいりいわす みほつひめ みゆきおくりて ここにあり』ホ26
みほつうなつき おおゑきみ こころないため たまひそよ』ホ26
『まつりこと こやねものぬし ともにたせ みやうちのたは みほひめと』ホ26
みほつにとえは うたなせと かれうたよみて みほつめか』ホ26
『みうたうけ みほつはいかん いそよりか みほつのうたに』ホ26
みほつめもふす そふつほね あれとわかまこ すけもとめ』ホ27

 
みほ(満ほ)」「つ(区分・所属)」+「ひめ(侍・姫) ・ め(侍・女)
みほ(満ほ)」+「ひめ(侍・姫)

「みほ」は「ゑみす(笑みす・恵比寿)」と同義で、クシヒコを言うものと思う。

  

10/06/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】