メ  me

  

【目・見・眼】「めゆ(見ゆ)」から。合わせ。寄り/寄せ。交わり。

『なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな』ホ1
『いけみつに たのめおあらひ ひるにのり かのめおあらひ つきにのり』ホ4
『ややはつあきの もちのひに ひらくひとみの しほのめは』ホ4
『をゐのみるめも としなみの なこそしるへゆ ちなみあふはま』ホ11
『あちもいろめも よこしまに しゐにあやかり みおからす』ホ17

全部見る 

【瓮・合・和】同上。 収めるもの。容器。=へ

あめとみおして みやつくり きさきたてんと もろにとふ うさつかもふす』ホ29

【間・目・辺・場・端・方・部】(1) 収まる部分。あい。内。中。(2)区分。区画。 (3) 匹敵・相当するさま。

『きたのほし いまこのうえは みそむめの とのかみゐます』ホ23
たのめははるの いきるころ たのめおいれて ねるつるき』ホ23
かのめはあきの からすころ かのめおいれて ねるつるき』ホ23
めなしかたあみ かもにいれ うたふたつけて きみものせ』ホ25
おりあわせめに けりもあり きみとわれとは つつきけり』ホ39

全部見る 

【目・回・廻・巡・周・辺】回転。順番。めぐり。沿。周囲。周辺。

『あめのかみよの ななよお つくいとくちは』ホ2
『たちからを すすみもふさく ぬすひとの みつにしるる つちいかん』ホ17
『みたひめくりて ことなせは ひとりわかれて みたりの』ホ31

【陰・地・水埴・泥】うむ(倦む)」の名詞化「うめ(倦め)」の短縮。
 下り凝るもの。「陰・世・夜・汚穢」「月・地・凝・固」

『いにしえの あめつちうひの きはなきに きさしわかるる あうのめをホ2
『をはあめとなり ひのわなる はくにとなり つきとなる』
ホ2
『めかみには なりなりたらぬ めもとあり』ホ3
『くはきうの をのほおいとふ はしかみの をかめかふすへ ひしかんと』ホ8
『ひといきか めをとわかれて をはあめに はつちとなる』ホ15

全部見る 

【穢・曲・禍・厭】同上。負の方向に離れるさま。

『しきしまのゑに ひとうまれ みそひかにかす はみそふ』ホ1
『ほそのをきるも はらののり ものぬしならす くわのゆみ ははやひきめそ』ホ26
『いのゆんの あたはたちはな はさくら やむもしなとの いゆんなすなり』フいゆん
『ふにぬうは なきもみはの むめのはな さすらやまひも ふにそぬひける』フふぬう

【女・姫・娘・雌】同上。負の方向に離れるさま。 =ひめ

『ゐとしふゆ をははかまきる はかつき』ホ1
『かなさきか ふねのりうけて めをとなるなり』ホ1
『いにしえの あめつちうひの きはなきに きさしわかるる あうのめをホ2
はあなにえや ゑをとこと をはわなうれし ゑおとめと』ホ3
たらちめの つかれにちしる ほそけれは ほいゐのかみの みちつひめ』ホ4

全部見る 

【陰・女】めつき(陰月・女月)の略。陰暦十月。 =かみなつき(神無月)

『ときあすす ゐもむそほふゆ のそふか かすかいさかわ にいみやこ』ホ32

【妹】いもと(妹乙)。負の方向に離れる女。若い女。

『ひるこひめ いまいつくしに たりいたり あめのいろとと わかひるめホ3
『あにはくしひこ はたかこ おとはすてしの たかひこね』ホ9

【侍・部・女・姫】守り侍るもの。「め」と言う場合は女の意を含む。=ひめはめ 男の場合は「へ(侍・部・衛)」となる。
 (「女の臣」と書く「姫」という漢字は本来この意味にふさわしい)

『あかひこくわに ひくいとお なつめかおりて うふきぬの みはたてまつる』ホ4
『ふたかみみめお みことのり かんみむすひの やそきねか もろとはかりて』ホ6
『やそきねの おおみやみちこ きのすけに たなはたこたゑ きのうちめホ6
『うちは むなかたか おりはたおさこ おしもめは とよひめあやこ』ホ6
うすめらに ひかけおたすき ちまきほこ』ホ7

全部見る 

【芽・穂・藻・布・葉・枝・棒・緒】「めふ(萌ふ)」から。分れ。派生。発生。末端。=ほ・を・ゑ・は・も

みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなし』ホ11
『ますひとら おさなのときは ねちけの はやあらためよ』ホ17
『たとひおちても なうらめそ かけのまめなせ このてる』ホ28
『はつひまつりは ふとまかり やまのかやくり うみのめも』ミ9
『こからしふけは きはみおち ひらきはつくさ めはるなり』ミ9

【面・表・上】上部。表面。顔。 独り言:「めん(面)」

『をにふにいたり みこいたき みめみてなてて はははいま』ホ26

【霊・神】本質。精髄。神霊(みたま)。 =

『わかうらみ しこめやたりに おわしむる』ホ5
『みこころととく ひさかたや むそよつむちの おをひるめ ふつくにうれは』ミ逸
『くしたえとおる ひのくらい ひるめとともに あまてらす』ミ逸

【十月】めつき(陰月)の略。

『やしろつくらせ のふそか まつるおおみは かんなみそ』ホ29
『よほすえみか みことのり みをやのさつく みくさもの』ホ33

【舞・(踊・鳥)】バタバタする。飛び跳ねる。=。 ex.すす(雀)・つは(燕)。

『すくなみかみの たけかふに すすめかもみお いるおみて』ホ2

【馬】同上。

『ときにつきすみ おおくまと ひつめあおこま たてまつる』ホ192

【メ】八元神「トホカミヱヒタメ」の「メの尊(メの神・メ祖・メ元神)」

のなめは うめのいもみつ うつきより うをおまねきて なつおつく』ミ7
はつねにすむ みつのかみ うつきはうめの をおまねく』ミ9
『のりくらへ ゐゐのつつたち めをのほき ゐわたちまきや めもとかみミ9

【め】推量・意志の助動詞「む」の已然形。

『あめしるききの はなもみも わかみのみちと しらさらホ17

  

10/03/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】