いせ  イセ  ise
ゐせ  ヰセ  wise

  

【(妹背・結・和)・伊勢】
陰と陽。女と男。陰陽の和合。調和。結婚。中。

『したてるひめと あちひこと いせおむすひて もろともに』ホ6
『ちちうほとしか ゐせみやに なけけはみうち もろめして』ホ13
『くにもりたみの さとしにも つくまなさせる いせのみちホ13
『このみちお まなふところは かんかせの いせのくになり』ホ13
『ちちひめも のちにはいせの をんかみに つかゑすすかの みちおゑて』ホ13

全部見る 

 ● 妹背の神 (太陽霊と太陰霊が和合して顕現したアマテル神)

『かくつちと みつはめおうむ あおいはと かつらにいせの みことのり』ホ24
いせいいの たかひおかわに すすととむ たかみやつくり しつめます』ホ36
『あけのはら いせたかみやに いりませは おはとつかえて』ホ36

 ●<地名> 妹背の神の居場所。伊勢。 1. いさわ(伊雑)。2. うち(内・宇治)

いせとあわちの なかのほら すすかのかみと はこねかみ』ホ13
『よのひつき みこおしひとに ゆつりまし あめよりいせに おりいます』ホ192
いせにはんへる みこのおと きよひとにかみ みことのり』ホ20
『いつのかもふね いせにつけ めくりこえとも ををんかみ』ホ24
『ははちちひめは のちのよお いせにはへれは ををんかみ ゐおおなしくす』ホ27

全部見る 

 
[1]
も(水埴)」と「うを(空火風)」の短縮。
[2]
いす(結す)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・和す・釣合う・中にある」などの意。

変態:「いさ(和)
類語:「いもせ(妹背)」「いもをせ(妹背)」「いさわ(結添・伊雑)」「あわ(陽陰)」「あめ(天地・陽陰)」「をめ(陽陰)」「やわ(陽陰・和)」「めを(陰陽)」「こゑうち(環内)」「うち(内・宇治)」「あまてる(陽陰連る)

  

10/01/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】