あまてる  アマテル  amateru

  

【(陽陰連る)】
陽・陰を結ぶ。日(太陽)・月(太陰)を和合する。和合/調和する。

『たみまして あまてるかみの みかかみお』ホ序
『こそむつき ややそなわりて あれませる あまてるかみそ』ホ4
『ときにあまてる ををんかみ よつきのあやお をらんとす』ホ14
あまてるくには わかみたま ありとしるへし』ホ14
『うけてあまてる ををんかみ やもよろかみに みことのり』フ序

全部見る 

 
あま(陽陰)」+「てる(連る)
「てる」はここでは「A: 合わす・結ぶ・連ねる・重ねる」などの意。

類語:「あめおしらす(陽陰を領らす)」「あめつちしろす(天地知ろす)」「あまてる(陽陰連る)」「あめなる(陽陰和る)」「あめのおふ(陽陰の和ふ)」「かもおをさむ(上下を治む)」「あわおたす(陽陰を足す)」「あわおつかねてひつきなす(陽陰を束ねて日月なす)」「きみはかもなしふたもなし(君は明も為し蓋も為し)」「あめはる(陽陰晴る)」「さまさかる(陽陰下がる)
関連語:「いせ(妹背)
派生語:「あまてるかみ(陽陰連る神)

 
 

【(和照る)】
1.(天が下を) 和して照らす。守り恵む。調えて高める。 =あまてらす

『ときにあまてる みことのり うけもちのまこ かたまろに くにみてかえれ』ホ8
『うらのよきひに わたましの きみはあまてる よつきみこホ11
あまてるみこの をしほみみ あまつひつきは たかのかふ』ホ12
『きみはあまてる つきひなり くにかみはその くにのてり たみもつきひそ』ホ13
『むかしあまてる かみのみこ いわふねにのり あまくたり あすかにてらす』ホ29

全部見る 

 
あむ(和む)」+「てる(照る)」の合成。
これは「やわしてめくる(和して恵る)」の同義語。

類語:「あまてらす(和照らす)」「やわしてめくる(和して恵る)めくみやわす(恵み和す)」「のりめくる(和り恵る)」「おのこる(和恵る)
関連語:「やさかに(揺探和)」「おのころ(和恵)」「あみのめくみ(和みの恵み)

 
 

【天照る】
天空に輝く。

『ひさかたの あまてるかみの はつみよに ひよみのとりの』ホ22

 
あま(天・上)」+「てる(照る)

 

11/01/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】