みうゑ  ミウヱ  miuwe
みうえ  ミウエ  miue

  

【(熟老)・御上・太上】
1.熟老。上の上。大老。太上。

『いまあまきみの くらひなる むかしはみうゑ わけさつく』ホ30
『かみよのためし みかさりお たみにおかませ ははおあけ みうえきさきと』ホ31
『いさかわに みそきのわぬけ みやにいつ みうえのとみは かみまつる』ホ31
『おくるみうえの おもむろお はかたのほらに おさむなり』ホ31
みうえふたかみ つくはにて みめくりとえは』ミ3

2.みうえきさき(御上后)の略。

『ははいまなそこ みうえとし おおははことし ももやそこ』ホ35
『ものへとちねお みうえから たけひあさとお みこかわり おのおのもふて』ホ36

 
[1]
「みうゆ」の名詞化。
「みうゆ」は「みふ(満ふ)」と同義語「うゆ(上ゆ・熟ゆ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。
[2]
み(御・敬・上・大)」+「うゑ(上)

変態:「うをや(熟老)」「ゑをや(熟老)」「みをや(御祖)」「おおゑ(太上)
類語:「をき(翁)」「をきな(翁)」「をちををち(老翁)

  

10/01/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】