うえ  ウエ  ue
うへ  ウヘ  uhe
うゑ  
ウヱ  uwe

  

【上・表】【(上え)】
1.正の方向に離れるさま。 優勢。優先。上部。上層部。表面。前面。上位者。

『そのうゑにたつ あさひみや きみねんころに まつりして』ホ6
『ひるはにうえに ひたのほり よるはしうえに みきくたり』ホ16
『かねきくうえの をんたけと うまれあひたる みめくみと』ホ16
うえしたかえす らのおして つちとははのり』ホ17
『そのくにたもつ ものあらは すえたみとても うえのとみ』ホ17

全部見る 

 ●上皇。太上皇。

『かねきくうえの をんたけと うまれあひたる みめくみと』ホ16
『いまあまきみの くらひなる むかしはみうゑ わけさつく』ホ30

2.正の方向に離すさま。 上げ。増し。延長。増進。

『ははみたけ たかさもみたけ けたのうえ むたはとしかす ふとさつき』ホ21

 
うふ(上ふ・熟ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「高まる・上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」の意。

変態1:うえ(上)」「むね(胸)をね(尾根)」「まえ(前)」「をや(親)」「おも(表・主)
類語1:「かみ(上)」「さき(先)
変態2:「ふえ(増え)」

 
 

【(宜・諾)】

1.(心に)合うさま。納得するさま。適当であるさま。踏まえるさま。
2.正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま
3.<副詞的に> 同意して。納得して。当然に。喜んで。進んで。宜しく。

『まねかはうえに あらはれて はたれやふれは さはりなし』ホ14
『みことのり さたまるうえは よろとしお いはひてのちの みゆきこふ』ホ26
『わかおほきみの あらたまの としかきふれは うへなうへな』ホ40

 
うふ(和ふ/熟ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「むへ(宜)」「うへ(宜)」「うま(美)」「あま(甘)」「にや(熟)」「にゑ(熟)

 
 

【飢え】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま
 ● 困窮。辛苦。難儀。憂き目。

『たねふくろ つちはつちかふ をんたから うゑたすかても くらにみつ』ホ9
『のちのよに いやをさまれは うゑしらて おこるたのしの みつるとき』ホ23
うゑとしころは みのらすて まことにうゑる』ホ23
『へのいさの ふねはをしゑの をおなむち うえみぬきぬお かふりゐさめつ』フへゐさ
『ものそのは うけもちのたの つとめおも なかとにならは うえややむらん』フもその

 
うゆ(飢ゆ)」の名詞化。

変態:「おえ(汚穢)」「ひえ(冷え)

  

10/06/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】