むへ  ムヘ  muhe

  

【宜・諾】【(熟・上・美)】
1.(心に)合うさま。好ましいさま。好都合。納得。合点。当然。
2.正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

むへなるや ゆきのよろしも みよつきも よよのさいわひ ひらけりと』ホ4
むへなりなんち よもめくり つちかふみちに かてふやし』ホ17
『またみことのり むへなるや くしひこなんち みまこより』ホ23
『いまこのつるき むへによし わかみこころに よくかない』ホ23
『ときにひめ もろかみともに むへなりと あすすにきわめ』ホ28

 ●<副詞的に> 
・同意して。当然に。納得して。本当に。都合よく。
・喜んで。進んで。よろしく。 ・上手く。良く。丁寧に。優れて。よろしく。まったく。

『ふたかみおそれ わかみやに むへそたてしと あめにあけ』ホ4
『かならすまてよ ときありと むへねんころに さとされて』ホ7
『をせのたらちは うみのをや あけくれむへに うましもて をいにつかえよ』ホ13
『やとよのみはた たかみくら いとおこそかに あまつかみ むへくたります』ホ38
むへうけたまえ ありつよの あひちたにまつ きみかひるめし』ホ40
『すのやまは むへもとみけり さちくさは みつはよつはの とのつくりせん』フすやま

 
むふ(和ふ/熟ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・適う・匹敵する」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「うえ(上)」「うへ(宜)」「うま(美)」「むめ(宜・梅)」「あま(甘)」「にや(熟)」「にゑ(熟)

  

10/01/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】