よろし  ヨロシ  yorosi

  

【寄ろし】
合い/合わせ。寄り/寄せ。治まり/治め。治める者。

『またかなさきは すみよろし かみのをしてと みはのそをたまふ』ホ8
『かになすのあは かにそこね あきらかのあは にのよろし
ホ21

 
よろす(寄ろす)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・まとめる・治める」などの意。

変態:「よし(寄し)」「うし(大人・氏)」「ぬし(主)」「あるし(主)」「をさ(長・筬)」「をし(治人)」「をち(治人)
類語:「かみ(頭)」「つかさ(司)」「ますひと
派生語:「すみよろし(住吉)

 
 

【宣し】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『むへなるや ゆきのよろしも みよつきも よよのさいわひ ひらけりと』ホ4
『おほよすからに ことふくも みたひにおよふ ゆきよろしホ4
『おほよすからの ことほきも みたひにおよふ こゑよろしミ逸

 
よろす(宜す・熟ろす)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

 
 

【宜し】
A: 合う如し。似つかわしい。相応しい。適う如し。
D: 正の方向に離れる如し。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」如し

『ふりはよろしき はまひさし なみうちかきり いわあらふ』ホ11

 
よろ(寄/喜)」+「し(形容詞語尾)
「よろ」は「よる(寄る/熟る)」の名詞化。
ここでは「A: 合う」、また「正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「うまし(旨し)」「うれし(嬉し)」「にやし(熟し)

  

11/05/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】