をし  ヲシ  wosi
おし  オシ  osi

  

【(和し・治し・教し)】
治め。治める者。教え。教える者。

『たもをしも ちなきのたらよ かんかみて たすくるたみは このことく』ホ17
『むめみやの はふりほつみの おしうとに いつあさまみこ やまつみの』
ホ32

 
をす(和す・治す)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・治める・調える・教える」などの意。

変態:「をさ(長・筬)」「をち(治)」「うし(大人・氏)」「よし(寄)」「ぬし(主)」「あるし(主)
類語:「かみ(上・頭・守)」「つかさ(司)

 
 

【(御使・大使)】
(神・君の)代理者。御使い。 =をしかさをしか

『かしはてによる うさこひめ たねこかつまと ちちにとひ つくしのをしと』ホ29
『あらひとのりお またむけす かれよもにをし つかはして のりをしえしむ』
ホ33
かよみおしふり ねみかかみ みそこたからの みからぬし』ホ34
『みことのり しほのりひこお みまなをし ゆきとくにむく みちつかさ』ホ34
『ふのよろは くにうむかみの をしおして わさもよろこふ もうけなりけり』フふよろ

全部見る 

 
を(御・大)」+「し(使)

類語:「をしか(御使)」「しか(使)」「さをしか(差使)」「さし(差使)」「かんつかい(神使・官使)」「みつかひ(御使)

  

10/01/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】