なる  ナル  naru

  

【生る・成る・(和る・在る・現る)】【(習る・倣る)】【均る・平る・(直る・緩る)】
A. 合う/合わす。従う。在る/現す。〜である(断定)。適う(可能)。匹敵する/させる。適合する(=べし)。
  収(治)まる/収(治)める。直る/直す。平る/平らす。

みかさふみ ほつまつたえと わりうるり あわすことくの こころなりホ序
『いまのよは たたふよろとし いきなるる(均るる)』ホ1
『かなさきいわく このうたは かえことなら(可能)ぬ まわりうた』ホ1
『かなさきか ふねのりうけて めをとなるなり(べし)』ホ1
あめなる(和る)みちは めもあらす みつよをさまる』ホ2
あめつちも うちともきよく なるときに をうちにはへる とみたみも』ホ17

全部見る 

 
変態:「ある」「たる」「にる(似る)」「ぬふ(縫う)」「のる(乗る)」「ぬる(塗る・温る)
派生語:「ならふ(倣う・習う・並ぶ)」「ならす(平らす)」「なり(生り・態)」「なれやふ(均やふ)
いなる(結成る)」「なりはゐ(成り生ゐ)

 
 

【(退る・回る)・鳴る】
B: 離れる/離す。放つ。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。
C: 往き来する。回る。伝わる。響く。届く。

『ゆるせはのほる やすかはへ ふみととろきて なりうこくホ7
『みたるきくみち ゐつなみち なるかみもとむ あゑのみち』ホ8
『またはたれ なんちわかはゑ はちみする やつことせんと なりめくるホ8
『しきはたのとり とはうしほ なるとのひひき うしほなるホ21
『みなつきは ややはにみちて たたかえは かみなりあつく』ミ7

全部見る 

 
変態:
のる(宣る)」「なむ(回む)」「たむ(回む)
類語:「ひひく(響く)」「とよむ(響動む)」「ととろく(轟く)
派生語:「なり(鳴り)」「なら(鳴・回)」「ひなる(鄙る)

 
 

【成る・熟る・(練る・実る・鳴る・怒る・延る・伸る)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・進展する・熟れる・優れる・勝る・至る・化ける」

『きみかよの すえのためしと ならんかと』ホ序
『ひなはまた ひとなるまえよ』ホ2
『めかみには なりなりたらぬ めもとあり』ホ3
『よろものきれと たまかえし みたれをとけは かみとなる ここちかすかと』ホ8
『やさかいりひめ すかたよく きさひのみやに めさるとも みさほならんか』ホ38

全部見る 

 
変態:「にる(煮る)」「ねる(練る)」「のふ(伸ぶ・延ぶ)
派生語:「ひなる(秀熟る)」「なるかみ(鳴神)」「なれしむ(熟れ聳む)」「なりわ(成生)」「なりはひ(生業)」「あなる(熟成る)

 
 

【(萎る・緩る)】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

『うまれさかしく なからえも ちよはももよと なりかれて』ホ27

 
変態:「なゆ(萎ゆ)」「にふ(鈍ぶ)」「ねる(寝る)

  

10/07/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】