なら  ナラ  nara

  

【なら】
仮定の条件を示す。 〜ならば。

『あれおにものお やふるなら そらはふこにて まねきいれ』ホ12
『わかきみくにお さたむなら みちもひらけん かならすと』ホ29
『ときにすへらき こたえいふ なんちかきみも まことなら しるしあらんそ』ホ29

 
「なら」+「ば(接続助詞)」の省略形。
「なら」は「なる(在る)」の未然形。

類語:「〜であれば」「さらば」「されば」

 
 

【(鳴・回)】
鳴り響くさま。往き来するさま。

『おのおのたては もちのひに おおひこいたる ならさかに おとめかうたに』ホ33

 
なる(鳴る・回る)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・放つ・発す」、また「C: 往き来する・回る・伝わる・響く」などの意。

派生語:「おなら」

  

10/06/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】