なりはひ  ナリハヒ  narihahi
なりわひ  ナリワヒ  nariwahi
なりはゐ  ナリハヰ  narihawi

  

【(成栄)・生業】
生かし活かすもの。糧。生活の糧。

なりはひの ためによさみと かりさかと かえおりのゐけ ほらんとて』ホ34
『もろくにに やものいけみそ つくらしむ なりわひふえて たみとめる』ホ37

 
「なりはふ」の名詞化。
「なりはふ」は「なる(熟る・成る)」と同義語「はふ(栄ふ)」の連結。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上がる/上げる・進展する/させる・生きる/生かす・活きる/活かす・経験する/させる」などの意。

類語:「かて(糧)

 
 

【(成り生ゐ・生成)】
生まれ現れること。生成。形成。

『あめのやわしは それならす うゐのあわねは なりはゐお おしすくるなり』ミ10

 
「なりはゆ」の名詞化。
「なりはゆ」は「なる(生る・成る)」と同義語「はゆ(生ゆ)」の連結。
ここでは「A: 合わす・現る・生れる」などの意。

類語:「なりわ(成生)
 

【成合】なりあひ・なりわい  −広辞苑より−
1.ととのうこと。完成していること。
2.成るがままにすること。都合次第。なりわい。

  

10/01/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】