なりわ  ナリワ  nariwa
なりは  
ナリハ  nariha

  

【(成生)】
生成。生じて形を成すこと。完成(品)。完成形態。フィニッシュ。

『やつきにて そみはなりはの はなるとき ははのつつしみ これなるそ』ホ16

 ●仕上げ。外見。容姿。 ●外見・容姿を司る神。 =タミメヒコ三十二神

『あなれくらわた しむねこゑ なりわみめかみ』ホ14

 
「なりはふ」の名詞化「なりはひ」の短縮。
「なりはふ」は「なる(生る・成る)」と同義語「はふ(生ふ)」の合成。

ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・至る・満ちる・極まる」などの意。

類語:「なりはゐ(成り生ゐ)」「なり(形・態)」
 

【成合】なりあひ・なりわい  −広辞苑より−
1.ととのうこと。完成していること。
2.成るがままにすること。都合次第。

  

11/01/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】