たみめひこ  タミメヒコ  tamimehiko

  

【(廻目彦/廻見目彦)】
外周に配置され人の外見を司る三十二神

『すえはみそふの たみめひこ もとなかすえの みくらあり』ホ14

 
たみめ(廻目/廻見目)」+「ひこ(彦)
「ひこ」は「とみ(臣)」の同義語で、「添え・副・補助・次・准」などの意。

類語:「みそふかみ(三十二神/見添ふ神)」「みそふのひこかみ(三十二の彦神/見添ふの彦神)」「なりわ(成生)

  

10/03/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】