みそふかみ  ミソフカミ  misofukami

  

【三十二神・見添ふ神】
(人の)見た目を添える32神。

『たかまに あめみをや もともとあなみ みそふかみ まつれはたみの とよけかみ』ホ4
『あもとかみ みそふのかみの まもるゆえ こたねなること おほゑます』ホ4
『ひとのねこえは あなみかみ みそふのかみの みめかたち』ホ17
『とよくんぬ ももあまるこも あめにゆき あなみのやかみ みそふかみホ18
『あなれかみ ねこえさつけて みそふかみ みめかたちなす』ミ6
『ゐくらむわたお ととのえり みそふのかみは みめかたち』フ序

 
みそふ(三十二/見添ふ)」+「かみ(神)
「かみ」はここでは「神霊」の意。

別名:みそふのひこかみ(三十二の彦神/見添ふの彦神)たみめひこ(廻見目彦)」「なりわ(成生)

  
 

【三十二守】
筑紫32県を治める県主たち。

『をしかいたれは みそふかみ したひおしめと みことのり』ホ26
みそふかみ みかりおこえは めくりみて すたるおなおし たえおたし』ホ27

 
みそふ(三十二)」+「かみ(守)

類語:「みそふのぬし(三十二の主)」「みそふあかたのかみ(三十二県の守)」「つくしのかみ(筑紫の守)」

  

10/03/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】