みそふ  ミソフ  misofu

  

【(禊ふ)】
A: (曲り・逸脱を) 合わす・収める・直す。調和する。清める。
B: (穢を)離す
・放つ・祓う。

『またみそふ みちなわすれそ』ホ1
『しきしまのゑに ひとうまれ みそひかにかす めはみそふホ1

 
みす(見す/濯す)」と同義語「そふ(添ふ/削ふ)」の合成。
「みそき(禊)」の動詞形の「みそく(禊ぐ)」は、ホツマ・ミカサ・フトマニには使用例が無い。
「みそふ」を「みそき」の動詞形と見て良さそうである。

変態:「あそふ(遊ぶ)」「わする(忘る)
類語:「みそく(禊ぐ)」「いすく(濯ぐ)」「ゆすく(濯ぐ)」「すすく(濯ぐ)」「そそく(濯ぐ)

関連語:「みそき(禊)」「みさほ(操)

  
 

【三十二】
32。
 ●祓いの歌の音数。

『またみそふ みちなわすれそ』ホ1
『またとふはらひ みそふなり』ホ1
『しかれとも あとさきかかり みそふかも』ホ1
『しきしまのゑに ひとうまれ みそひかにかす めはみそふホ1

 ●三十二神(たみめひこ)。

『たかまに あめみをや もともとあなみ みそふかみ まつれはたみの とよけかみ』ホ4
『あもとかみ みそふのかみの まもるゆえ こたねなること おほゑます』ホ4
『すえはみそふの たみめひこ もとなかすえの みくらあり』ホ14
『すゑはみそふの ひこかみの みめみかたちお あてまもり』ミ10

 ●筑紫の三十二県。またその県主。

『このときに みそふあかたの かみうたい よろとたのしむ』ホ25
『みこころそえて にいたなす つくしみそふの みめくりて かこしまにます』ホ25
『をしかいたれは みそふかみ したひおしめと みことのり』ホ26
『かんたちお ものぬしとして はてつみと ともにみそふお をさめしむ』ホ27
『みこもおつとめ よそやすむ みそふあつまり あくるなは つくしすへらき』ホ27

全部見る 

 ●テルヒコがアスカに下る際の供守の数。

『すへみそふ みなのりむまて まもりゆく』ホ20

 
み(三)」+「そ(十)」+「ふ(二)

  
 

【見添ふ】
見目を備える。三十二神(たみめひこ)。

『たかまに あめみをや もともとあなみ みそふかみ まつれはたみの とよけかみ』ホ4
『あもとかみ みそふのかみの まもるゆえ こたねなること おほゑます』ホ4
『すえはみそふの たみめひこ もとなかすえの みくらあり』ホ14
『すゑはみそふの ひこかみの みめみかたちお あてまもり』ミ10

 
み(見)」+「そふ(添う)

  

09/12/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】