もふつ  モフツ  mofutu
まふつ  
マフツ  mafutu
もうつ  
モウツ  moutu

  

【(和付つ・真直つ)】
A: 合う/合わす。写る/写す。在る/現す。収(治)まる/収(治)める。直る/直す。

まふ(ふ・真ふ)」と同義語「ふつ(付つ・直つ)」の合成。

変態:「まふす(塗す)
派生語:「まふつ(真経津)

 
 

【(放つ)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

まふ(放ふ・免ふ・漏ふ・曲ふ)」と同義語「ふつ(棄つ)」の合成。

変態:「もらす(漏らす)」「はらす(バラす)」「あらつ(放つ)」

 
 

【(参つ)・詣つ】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」
  ●参上る。上位者のもとへ上る。 ●献上する。奉納する。

『そさのをは これととのひて まなゐなる かみにまふてるホ7
『ふつくなけきて やつかれら かえりもふてん あめたみと いのちおこえは』ホ8
『みまえにもふて つつしみて そのおのころの ゆえおこふ』ホ18
『ときにをはしり ひたかみの みやにもふてて みちこえは』ホ191
『そよろとしへて いまかれに はこねにもふて ぬさささけ』ホ25
『たまよりは もまつりなして たたひとり わけつちかみに またもふてホ27
『こよみまたとて ものぬしか いせにもふてて これおとふ』ホ28
『このさきに たけにうまるる たけこひめ たかにもうてて』ホ28
『そのつまは いせにもふてて さるたひこ たたらなすおは みにいたり』ホ28
『うかぬしめせは あにはこす おとはもうてて つけもふす』ホ29
『すけやさか といちにもふて うむみこは とちにいりひめ』ホ34
『みつかきの ゐそやほはつき みゆきして けゐおおかみに もふてます』ホ34
『ものへとちねお みうえから たけひあさとお みこかわり おのおのもふてホ36
『いまよりそ ももかもふてて きたりませ われはからんと』ホ37
『たかよりは ひのまえもふて うちまろか たちてまこうむ ゐこころか』ホ38

 
まふ(舞う)」と同義語「ふつ(悉つ・沸つ)」の合成。

変態:「もふす(申す)」「まいす(参す)」
派生語:「もふて(詣で)」「まふつ(真経津)
類語:「まいる(参る)

  

09/12/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】