とふ  トフ  tofu
とう  トウ  tou
とゆ  トユ  toyu

  

【問う・(添ふ・統ふ・留ふ・治ふ・対ふ・等ふ)】
A: 合う/合わす。
当たる。向ける。掛け合う。呼び掛ける。迫る。(気を)留める。統べる。治める。

『まちたまえ のちかえさんと もちかえり たかまにいたり もろにとふホ1
『はなきねは ゐなにつつるお あねにとふ あねのこたえは あわのふし』ホ1
『またとふはらひ みそふなり』ホ1
『ふたかみの ひひめみをうむ とのゐつつ とえはかなさき こたふるに』ホ3
『むかしふたかみ つくはにて みめくりとえは』ホ3

全部見る 

 
変態:「とむ(留む)」「そふ(添う)」「とる(取る・執る)
派生語:「とよ(留・統・治)」「とようけ(豊受)」「とわく(問わく)」「とひ(問い)」「うらとふ(心問う)」「なしりとふ(詰り問う)」「ことふ(応ふ)」「たとふ(喩う)」「つとふ(集う)」「しとふ(慕ふ)」「いやとよ(否とよ)」「まとふ(纏う)
独り言:「とう(統)」「とう(当)」

 
 

【飛ぶ・(離ふ・外ふ・遠ふ・投ふ)】
B: 離れる/離す。放つ。分れる。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『くりかえし みもむそうたひ とよませは むしとひさりて にしのうみ』ホ1
『をかみもゑみて もろともに おかむひのわの とひくたり』ホ4
とひてたかみの まへにおち けんけんもなく ちのははや』ホ10
『うつほにすめと そらとはす はにふみおれは こたえしる』ホ17
『しらにはやまに からすとふ くまのとおもひ みやうつし』ホ20

全部見る 

 
変態:「そる(剃る・反る)」「さる(去る)」「する(掏る)」「ちる(散る)」「つむ(摘む)
派生語:「とお(遠)」「いとふ(厭う)」「とひ(鳶)」「とわた(迸た)」「まとふ(惑う)」「うとふ(疎ふ)
独り言:「とう(投)」

 
 

【訪う・飛ぶ・(回ふ・廻ふ)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。巡る。送る。還る/還す。

『みやつより はやきしとへは あまひかみ いそきまなゐに みゆきなる』ホ6
『やとせふるまて かえらねは ななしのききす といくたす』ホ10
とひてたかみの まへにおち けんけんもなく ちのははや』ホ10
『たかてるのあに たかひこね あめにのほりて もおとえは』ホ10
『こもりにこれお とはしむる ひめきみあひて みたねうむ みはたおこえは』ホ16

全部見る 

 
変態:「たむ(回む・廻む)
類語:「おとする(訪る・復と擦る)」「とほるとふる (通る)」「とほす・とふす (通す)
派生語:「もとゐ(基)」「といくたす(訪い下す)」

 
 

【跳ぶ・疾ふ・(逹ふ・到ふ・富ふ・尊ふ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・先行する・栄る・熟れる・優れる・勝る・速まる・至る」

『にけんとするお たちからを はたれはるなに とひかかりホ8
『うちあおたれて かせふくみ はねとなるとき とひこさす』ホ191
『たとひとふとも のるひとの ゆくりなけれは あえとはす』ホ191
『うはのあおりお うつとても つなつよけれは むまとはす』ホ191
『なかさむた ははみたあつさ ひとたゐき すへらきいのり とひあかる』ホ38

全部見る 

 
変態:「とむ(富む)」「てる(照る)」「さふ(騒ふ・繁ふ・聳ふ・早ふ)」「さゆ(冴ゆ・明ゆ・清ゆ)」「そふ(聳ぶ)
派生語:「とよむ(響動む)」「とお(十)」「とよ(豊/疾)」「とひかかる(飛び掛る)」「とほるとふる (徹る)」

 
 

【(絶ふ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

変態:「たゆ(絶ゆ)」「たる(垂る)」「つゆ(潰ゆ)」「さむ(冷む)」「しる(痴る)
派生語:「とほし(乏し)」「とぼとぼ」「とほほ」

 
 

【十二】
12。

『みつかきお としよつにわけ とはとふか ひかたにこかと』ホ21

 
と(十)」+「ふ(二)

変態:「そふ(十二)

 

10/06/09

 

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】