ちる  チル  tiru

  

【(連る・取る・治る・執る・統る)】
A: 合う/合わす。在る/在らす。現る/現す。収(治)まる/ 収(治)める。

変態:「たる(足る)」「つる(連る)」「とる(取る)」「しる(領る・知る)
派生語:「ふちり(扶治り)

 
 

【散る】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『ゐとしゑやみす なかはかる むとしたみちるホ33
『みなにけちれは ときおあけ むかひいるとき おとひめは きみのておとり』ホ39
『きよきうと かろくちりんと なかのぬと みたもひおうむ あねとなり』ミ10
『しのちりの そしりもうそと おもひくさ ものぬしならて ものやちるらん』フしちり

 
変態:「たふ(遮ふ)」「つむ(摘む)」「てる(出る)」「さる(去る)」「する(摺る・掏る)」「そる(反る・剃る)
派生語:「ちり(塵)」「ちらす(散らす)」「もちる(捩る)」「すちる(捩る)

 
 

【(回る・擦る)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。

変態:「たむ(回む)」「とふ(訪う)」「する(擦る)
派生語:「なちる(詰る)

 
 

【(精る・聳る・繁る・優る)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『ときにたねこか たけひとと いみなちりはめ たてまつる』ホ27
『ふちりとは たからうつらの ぬくめとり むくいくはらは たみもちるらし』
フふちり

 
変態:「つる(吊る)」「てる(照る)」「とむ(富む)」「さゆ(冴ゆ)」「すむ(澄む)
派生語:「ちり(繁)

 
 

【(垂る・下る・痴る・退る)・散る】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『もろひめら まさにしるへし いろのはな ひとたひめてて はやちれは』ホ16
『みのはなも ひともうつれは ちるはなそ たれさしうらむ ひともなし』ホ16
『つつしむあやの はなとはな うてはちるなり』ホ16
『いのちりの あらそうみつの くにのこと きみかひらへに ひきやちるらん』フいちり
『へのちりは つきほもとみも たみわさも つまのうつくに やみやちるらん』フへきに
『もちりなる はなはよつきの たねまてと わさもうすくて もめやちるらん』フもちり
『をのちりの たみはひおけす あらそひの おとかみたれは をもやちるらん』フをちり

 
変態:「たる(垂る)」「ちふ(禿ぶ)」「つむ(潰む)」「さむ(冷む)」「しる(痴る)
派生語:「ちり(塵)

  

10/01/06

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】