つむ  ツム  tumu

  

【詰む・集む・(統む・紡む・継む・連む・対む)】
A: 合う/合わす。付く。仕える。収(治)まる/収(治)める。縛る。迫る。近づく。

『はたれむせんて しりそくお おひつめしはる ちはたれま』ホ8
『そのぬしは かれにとひつめ ここさとし またうらとえは ついかたる』
ホ17
『たけやかかみの みおのつち つむみかみやま いせきつく』ホ24

 
変態:「たむ(溜む・矯む)」「とむ(留む・求む)」「すむ(住む)」「すふ(統ぶ)
派生語:「たたつむ(佇む)」「なつむ(泥む)」「つま(妻)」「つも(詰)」「つみ(詰・統)」「おひつむ(追い詰む)」「うつむ(埋む)」「しつむ(鎮む)」「ひなつめ(鄙詰め)」「むつむ(睦む)」「つつむ(包む)」「あつむ(集む)」「めつむ(愛つむ)」「やつめ(和統)」「つもる(積る)」「つむく(紡ぐ)

 
 

【摘む・(散む・撓む)】
B: 離れる/離す。分れる/分ける。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「たふ(遮ふ)」「ちる(散る)」「てる(出る)」「とふ(飛ぶ)」「する(剃る・掏る)
派生語:「つみ(罪)

 
 

【(回む・廻む・旋む)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。

変態:「たむ(回む・廻む)」「する(擦る)
派生語:「つむし(旋)」

 
 

【積む・(立む・澄む・繁む・早む・遂む)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『かくひおつみて みたまいる かとはちりけの あやところ』ホ4
『たまこつむ やすきひもなく みつおこひ あるはすおこひ』ホ16
『ちみちより のりなれねりて あれのりも ひつみつきへて つひにゑて』ホ192
『あたやから よもにたききお つみあけて なそかひてりに ひせめなす』ホ39

 
変態:「たる(足る)」「つる(吊る)」「てる(照る)」「とふ(跳ぶ)」「とむ(富む)」「すむ(澄む・清む・済む)
派生語:「つみ(詰)」「めつむ(愛つむ)」「さつめ」「つもる(積る)」「かつみ(勝見)」「つまのふ(積伸ふ)

 
 

【潰む・(下む・沈む・垂む・静む)】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『しのきにの とほこにみつの あらそひも あにかおろかに きもやつむらん』フしきに

 
変態:「たふ(賜ぶ)」「たゆ(絶ゆ)」「たる(垂る・怠る)」「ちふ(禿ぶ)」「すゆ(饐ゆ)
派生語:「おふかんつみ(穢神潰)」「つめ(爪)」「つも(潰)」「つつむ(約む)」「しつむ(沈む)」「つみす(潰みす)

  

09/12/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】