つみ  ツミ  tumi

  

【積み・集み・(統み)】
合わせ。まとめ。集め。治め。統べ。統治者。

『そことなか かみわたつみの みかみうむ これむなかたに まつらしむ』ホ5
『みほひこのつま すゑつみか いくたまよりめ そやこうむ』ホ10
『みきはををやま かくつみの ときしくかくの いわひうた』ホ14
『とこたちの やもおめくりて にしのくに くろそのつみて かにあたる』ホ15
『まこかなす いとうけすてめ あかかたに くろそのつみと うむみこお』ホ24

全部見る 

 
つむ(詰む・統む・積む)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・治める・集める」などの意。

変態:「つほ(壺)」「とみ(臣)」「すみ(統み)」「すめ(統め・皇)」「すへ(統べ)」「しめ(締)」「たま(治)
派生語:「おおやまつみ(大山祗)」「わたつみ(綿津見)」「すゑつみ(陶津耳命)

 
 

【詰み・(終・遂・尽)】
結び。納め。結末。終り。

『おそわれの しのひかたくて わきまえす まかるのつみも おそわれそ』ホ13

 
つむ(詰む/逹む)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・納める」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「つめ(詰め)」「しめ(締め・閉め)」「すみ(澄み・済み)」「とみ(富)」「つい(終・遂)

 
 

【罪・(潰・沈・費・弊)】
1.反り。それ。外れ。曲がり。歪み。
2.負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま
3.負の方向に離すさま。「下げる・勢いを失わす・劣らす・縮小する・静める・隅に置く・果てさす」さま

『えひゆるく くしはつけよし もものなお おふかんつみや』ホ5
『ははこおすてて つにおくる こくみははこお おかすつみ
ホ7
『けものにおとる つみひとそ さしめささくる ゆかりにて』ホ7
『おそわれの しのひかたくて わきまえす まかるのつみも おそわれそ』ホ13
『そのわさに うめるたからお たたこひて くらふいぬこそ あのつみよ』ホ13

全部見る 

 
つむ(摘む/潰む)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる/離す・そる/そらす・曲る/曲げる」、また「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる/離す」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「つい(費・弊・潰)」「すみ(隅)すゑ(末)」「しも(下)」「つま(端・爪)」「つめ(爪)
類語:「とか(咎)」「さか(逆)」「つき(尽き)」「ころ(転)」「かれ(枯)」「くれ(暮)」「くま(隈)」「くも(雲)

  

10/01/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】