とか  トカ  toka

  

【咎・科】
1.離れ。反り。それ。外れ。曲り。背き。誤ち。
2.負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

『しかるのち たかまにはかり そさのをの とかはちくらの みきたかれ』ホ7
とかあやまちも ふためとの かしこところの ひきつりに』ホ8
『ほのほくらひて みもやする ねたむねたまる みなとかそ』ホ16
『つみとかの たたしもとほき あめとつち ととかぬことお おもふなり』ホ17
『うますめは よそめそあにも せもからす とかみもむそか』ホ23
『たらちうつ とかみもむそか ままをやお うつとかよもか』ホ23
『きるへきとかは きりつくす おもいのこらし』ホ23
とかくしおして わかみまこ たかのふるみや つくりかえ』ホ27

 
とく(退く)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・反る・背く・曲る」、また「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「さか(逆)」「そこ(底)」「とく(毒)」
類語:
とかめ(咎め)」「つみ(罪・潰み)」「か(曲・汚)

  

10/03/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】