とかめ  トカメ  tokame

  

【咎め】
1.反り。それ。曲り。背き。異常。
2.負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

『もしあやまれは たねたちて みとかめあれと』ホ16
『ひかはくのあは かのとかめ ねのこかとこれ』ホ21
『わかよにあたり をえあるは まつりととかぬ とかめあり』ホ33
『すのこけの とかめはあるし めのこけは をころまつりて ゐおやかえらん』フすこけ

 
とかむ(咎む)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・反る・背く・曲る」、また「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「つくみ(噤み)」「すくみ(竦み)」「すかり(尽・末枯)」
類語:「とか(咎)」「そしり(謗り)」「つみ(罪・潰み)」「か(曲・汚)

  

10/08/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】