あつむ  アツム  atumu

  

【集む】
A: 合う/合わす。寄る/寄す。

『またはたれ つくしのみたり なかくにの はなやまののに ともあつむホ8
『はたれまの たからあつめて すゑきゆる これすすくらそ』ホ13
『かすかまたとく ほしさるは すてすあつめす わさおしれ』ホ13
『たからあつめて くらにみつ ちりやあくたの ことくなり』ホ13
『ちりとあつめて よにせまり うらやむものか かむゆえに』ホ13
あつめはかりて ひとつほお いまのひとまの ものさしそ』ホ17
『きみはつくしの かみあつめ われつまいれん もろいかん』ホ25
『はたれきみ なはかりこちお むれあつめ くにおみたれは』ホ28
『またあさはきも ともあつむ たかはかわまた つちおりと』ホ38
『ともからの ちからつよきお あつめおく あなかちめさは いくさせん』ホ38
『もろおあつめて たけるとす ほこさきあたる ものあらす』ホ38
『きみもろあつめ のたまわく ほつまのゑみし かすめると』ホ39
『ゆみもよくいる たちまいも たくいあつめて かくれんほ』ホ39

 
あつ(和つ)」と同義語「つむ(統む)」の合成。

変態:「なつむ(泥む)」「なしむ(馴染む)いたむ(悼む)」「はさむ(挟む)
派生語:「あつまる(集まる)

 
 

【(上つむ・弾む・厚む・篤む)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

あつ(上つ)」と同義語「つむ(立む)」の合成。

変態:「はつむ(弾む)」
派生語:「あつま(東)

  

10/02/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】