さむ  サム  samu

  

【(添む・然む・侍む・挿む・狭む・支む・障む)・覚む)】
A: 合う/合わす。気づく。収(治)まる/収(治)める。狭まる/狭める。閉づ。差し支える。対抗する。

『なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな』ホ1
『このあちお ぬはたまのよの うたまくら さめてあかるき まえことは
ホ5
さめてかくする なにゆえや いわくみまこの みゆきさき かくおるはたそ』ホ24
『にふのかみ あめのおしゑに ややさめて やわしわらはす』ミ10
『すおえては きりひにさむる ひえあれと なかれのふねに さおそゑにける』フすえて

全部見る 

 
変態:「しむ(占む・締む)」「さふ(障ふ・支ふ)」「そふ(添う)」「しる(知る・領る)
派生語:「さも(然も)」「さま(様)」「はさむ(挟む)」「おさむ(納む)」「さまたく(妨ぐ)」「いさむ(諫む)」「なくさむ(慰む)

 
 

【覚む・(離む・散む・初む)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『ひめひとり ねさめてゆけは まつさかに せきとめられて』ホ24
『たかくらしたか ゆめさめて くらおひらけは そこいたに たちたるつるき』ホ29
『すすむれは きみのなかねの をゑさめて もろもさむれは いくさたち』ホ29
『きみゆめさめて のたまふは いまわかゆめに いろおろち』ホ35
『たらちねのゆめ さめまして まみえあかつき ををきみの』ミ逸

 
変態:「さる(離る)」「そる(剃る)
派生語:「さま(方)


 

【(更む・擦む)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。

変態:「する(擦る)さる(更る)」「たむ(回む・廻む)
派生語:「さまよふ(さ迷う)

 
 

【覚む・醒む・(騒む・繁む・聳む・早む・清む・冴む)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『むかしあまかみ ねをはみて みのししめくり さめまたくミ4

 
変態:「そふ(聳ふ)
派生語:「いさむ(勇む)」「すさむ(遊む・進む)」「あさま(浅間)
関連語:「そわそわ」「ざわざわ」

  
 

【冷む・褪む・(垂む・下む)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『ほのほもさめて こころよく わらへのそての わきあけそ』ホ9
『うちみやの あおめのいふり けおさます そはのことしろ まめなれは』ホ16

 
変態:「しむ(凍む)」「しる(痴る)
派生語:「さむし (寒し)」「さむさ(寒さ)」「さもし」「さみし(寂し)」「さます(冷ます)」「おさむ(納む・葬む)」「さまたく(妨ぐ)」「さみたれ(五月雨)」「まくさむ(負く褪む)」「すさむ(荒む)

 
 

【寒・冷・(下)】
 負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

『みあつけれはや あすみあさ さむかわあひる』ホ2
『あめとふるなり さむかせに ゆきとこほれと をにとける』ホ15
『そはのことしろ まめなれは これおさむめか うらむなり』ホ16
『ふくしかまえの あつさむも ころもかゆれと ほしにしむ』ホ17

 
「さむ(冷む・褪む)」の名詞化。

変態:「しも(下・霜)
類語:「ひえ(冷え)」「ひや(冷)」「ひ(氷)

  

09/12/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】