あさま  アサマ  asama

  

【朝間】【(上聳)】
1.朝の間。

あさのまに なかみねなせは かみのなも ゐつあさまみねホ24

2.頂き。冠。最高。 =たかちほ(高千穂)たかちね(高千峰)

『あさのまに なかみねなせは かみのなも ゐつあさまみねホ24
ひめはあさまに いなむつき たかちねにいり かみとなる あさまのかみや』ホ26

 ● アサマ神の略。

いつあさまみこ やますみの よかみうつして やすかわら』ホ32

3.ヰツアサマ峰の略。

『あさはあさまの ひにむかふ ひむかふくにと ほつまくに』ホ26
『ひめはあさまに いなむつき たかちねにいり かみとなる』ホ26

 
[1]
あさ(朝)」+「ま(間)
[2]
あさむ(上聳む)」の名詞化。
「あさむ」は「あす(上す・栄す)」と同義語「さむ(聳む・繁む)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:いさみ(勇み)
類語:「あしつ(葦津)
派生語:「はらあさま(蓬莱浅間)

  

09/11/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】