さる  サル  saru

  

【(添る・領る・障る・直る)】
A: 合う/合わす。収(治)まる/収(治)める。添う。来る。制する。直る/直す。

『をのなわの ゆうはさるたの つつまやか とりゐにほとお かくるかさなわ』フをなわ

 
変態:「さふ(障ふ・支ふ)」「しる(知る・領る)」「すふ(据う・統ぶ)」「せむ(狭む)」「そふ(添う)
派生語:「さる(領)」「さら(皿)」「みさら(召皿)

 
 

【離る・去る・避る・曝る・(散る・反る)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。反る/そらす。曲る/曲げる。

『きつのなとほむしさるあや』ホ1
『うたよみて はらひたまえは むしさるお』ホ1
『むしとひさりて にしのうみ さらりむしさり ゑおはらひ』ホ1
『とつきとは めのにわなふり をゆれなく をとりなきさるホ3
『こくみいふ さしめはまこと わかつまよ きみさりますの おしてあり』ホ7

全部見る 

 
変態:「さむ(褪む)」「する(擦る・掏る・剃る)」「そる(反る・剃る)

 
 

【(更る・新る・浚る・渫る)・去る】
C: 回る/回す。行き来する/させる。一回りして戻る/戻す。
  帰る/帰す。(あの世に)還る/還す。改まる。直る。更新する。

『むしとひさりて にしのうみ さらりむしさり ゑおはらひ』ホ1
『はなこおとろき ひにやふれ かみさりますと なくこえに きみいかりまし』
ホ7
『たまかえし さるさるさわに おこるみちかな』
ホ8
『おはさりませは かうのとの まつりとるゆえ よろまろお ひたかみのかみ』ホ11
『あめくまやれは すてにさり かたかうるその たねささく』
ホ15

全部見る 

 
変態:「する(擦る)」「たむ(回む・廻む)」「たふ(回ふ・廻ふ)
派生語:「さら(更・新)」「さり(更)」「きさり(帰更)」「さらふ(浚う・復習う)」「かさり(替更り)」「さらたち(更立ち)

 
 

【(鋭る・清る・優る・聳る)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「さゆ(冴ゆ)」「さむ(覚む)」「すむ(澄む・済む)」「そふ(聳ぶ)
派生語:「さらり」「さる(猿)」「まさる(勝る/真猿)

 
 

【(退る・垂る・冷る)・去る】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『わかちちさらは もろともの かえことなせは』ホ10
『わかこさりにき われもさる いまわれさらは たれかまた』ホ10
『わかくさなきの このほこに ならしたまえと いひてさるホ10
『かのちこお あめにおくれは かみのまえ えたそろはねは さらんとす』ホ12
『うねひやま ひるはくもとゐ ゆうされは かせふかんとそ このはさやきる』ホ31

全部見る 

 
変態:「さむ(冷む)」「しる(痴る)」「すふ(窄ふ)」「すゆ(饐ゆ)

  
 

【猿】
D: 正の方向に離れるもの。勝るもの。ましなもの。

『そのもときけは むかしはは まさるにとつき よよおへて みなさることく』ホ8
『たまかえし さるさるさわに おこるみちかな』ホ8
『うつすかかみに なおさると おろちとみつち かけあれは』ホ8
『たちからを みそむつきます さるたひこ そむとしおれと これはまれ』ホ16
『そのなあらわす さるへらと かくらおのこの きみのもとなり』ホ24

全部見る 

 
「さる(鋭る・優る・聳る)」の名詞化。

変態:「まさる(真猿)」「まし(猿)

 
 

【(領・治)】
治め。知行(地)。領地。

みぬさるをうみ もふさくは やつめひめかみ みねにあり』ホ38

 
「さる(
領る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・領る・治める」などの意。

変態:「しろ(領)

  

12/02/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】