とよ  トヨ  toyo

  

【(統・治・添・留)】
1.治め。統べ。民を治める者。臣。
2.(君に)仕える者。臣。(日に)継ぐもの。月。

『やものよつきは とよくんぬ あめよりみつの わさおわけ』ホ2
『たかみむすひの ゐつよかみ いみなたまきね とようけの』
ホ2
『わかくしまとと とよまとと つねにまもりて とりおかふ』ホ21
とよあしはらの ちゐもあき みつほのたあり なんちゆき』ホ23
『ひとはによたり みちふもり これあしはらの とよのかす』ホ23
『かとはくしとよ いわまとの かみのゆきすき すきとほる』ミ8

 
とゆ(統ゆ・治ゆ・添ゆ・留ゆ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・治める・統べる・付く・継ぐ・仕える」などの意。

変態:「とへ(戸畔)」「とめ(留め)」「とみ(臣)
派生語:「とようけ(豊受)

 
 

【(響)】
巡るさま。響き渡るさま。伝わり広がるさま。周り。八方。

『このみつお ぬのもてつくる やとよはた やすみにたてて きみとなる』ホ4
『つつしみて あまのこやねか もともりお こへはまたとよ みことのりホ17
『やつみねに ゐゆきたえねは よよのなも とよゐゆきやまホ24

 
とゆ(訪ゆ・回ゆ)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・行き来する・伝わる・響く・渡る」などの意。

変態:「とひ(訪い・樋)」「とよ(樋)」
派生語:「やとよ(八響)

 
 

【豊・(尊)】
正の方向に離れる/離すさま。「上げる・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至す」さま

『たのしにきはふ とよのくに みそふのあかた みなはやる』ホ25
『これをして とよへるはたの つつねにそなせ』ホ27
とよのあかりの いろもよし いさともかみは くたります』ホ33
『きしにあかりて なにむらと とえはやつしろ とよむらの』ホ38
『たかまのはらの ををみやめ とよはたすけや ここたえの』ミ逸

 ●豊の国

とよにきはひて むよろとし へてもあそくに またこえす』ホ25
とよのなおりの あかたなる みそふのぬしも のりおうく』ホ31
『もろくれは ふつくころしつ みゆきして とよのなかおに かりみやこ』ホ38

 
とゆ(逹ゆ・富ゆ・尊ゆ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「とみ(富)

  
  

【(疾)】
正の方向に離れるさま。 先行するさま。

『はてつみは きみにもふさく わかことて とよつみひこと とよたまめホ25

 
とゆ(疾ゆ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・速まる・先行する」などの意。

類語:「とこ(疾)

 
 

【とよ・(留・等)】
合うさま。当たるさま。当然。もちろん。

『もろおとろきて ととむれは いやとよわれは たみのため にかきおはみて』ホ28

 
とゆ(留ゆ・等ゆ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・当たる・匹敵する」などの意。

変態:「とも(いいとも)」

  

10/01/06

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】