とよくんぬ  トヨクンヌ  toyokunnu
とよくんぬし  トヨクンヌシ  toyokunnusi

  

【豊国主尊・豊斟渟尊・(統国主)】
1.先行する時代 (上代・トコヨ) の国家君主。
2.国家を統べる中央政府国の主。

『やものよつきは とよくんぬ あめよりみつの わさおわけ』ホ2
『うけもちか はつきはつひに なるはつほ とよくんぬしに たてまつる』ホ15
『なもあかかたの とよくんぬ よよをさむれと としおへて』ホ15
とよくんぬ ももあまるこも あめにゆき あなみのやかみ みそふかみ』ホ18

 
[1]
とよ(疾)」+「くん(国)」+ぬし(主)ぬ(主)
「とよ」は「とゆ(疾ゆ)」の名詞化。 ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・速まる・先行する」などの意。
[2]
とよくん(統国)」+「ぬし(主)ぬ(主)
「とよくん」は「(国家を)統べる国・中央政府国・朝廷国」などの意。

  

10/02/28

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】