ト  to

  

【処・時・手・方・戸】分割したものの一。区分。区画。方位。場所・時を表す。

『もやきりふせる あおはかり さけてかんとお さらんとす』ホ10
『ふゆにわと ひたそこにあり つにむきて ねまくらにふせ』ホ21
『はなやかのあは にのみやと てりあれのあは なかおひえ』ホ21
『みつみさき なもなみはやの みなとより やまあとかわお さかのほり』ホ29
『うまさけや みはみわのとの あさとにも いててゆかなん みわのとのとお』ホ33

全部見る 

【外・遠・断・絶・飛・出・手】離れるさま。飛び出るさま。 =そ

『おけらおにはひ ささゆはな かんくらのの かんかかり』ホ7
『かみはにきてに うつつちの やれてとへらの はうちわや』ホ8
『あめつちも うちともすかに とほるとき やもよろみちの みことひこ』ホ14
『あめのかたちは いわをやま ひつきもくにも はらこもり はやゑにきて』ホ14
『みゆきのみこし まなゐにて あまてるかみは うちつみや とよけはとみやホ28

全部見る 

【人・手・方】(1) ひと。 (2) 〜をする者・〜に仕える者。 =し(為・仕・使・師)

『のほるほつまの をはしりの さかにゆきあふ をしかとは』ホ11
『やたのかかみは たてにふれ もろとのさかお かんかみよ』ホ11
『いわくきたなし ほとこしお うけはほゐとそ きかさるや』ホ13
『かりおさむみの たみはまこ たくみあきとも ひこやさこ』ホ17
『ゑゑこはたのめ をしゑとの てもともまつの しもとつゑ』ホ17

全部見る 

【門・戸】 往き来・開閉・出入り・干満するもの。 = 

『ゐつよのかみは おおとのち おおとまえなり』ホ2
『つのくゐは おおとのにゐて いくくいお とまえにあひみ つまとなす』ホ2
『たまのいわとお ひらけとて いちゐのはなの さくもちて』ホ4
『いまこそひらく あまのとや』ホ4
『ふつぬしむかえ とことおゑ いりますのちに ものかたり』
ホ16

全部見る 

【閉・戸・門】同上。 狭まり。閉じ。塞き。海峡。

『あみこみつから もろひきて みふねのいたる はやすいとホ29
『うまさけや みはみわのとの あさとにも いててゆかなん みわのとのとお』ホ33
『つたえきく ひしりのきみに まつらふと あなとにいたる』ホ34

【留・宿・泊】収まり。留まり。

『かししはくさく をもみたれ とくはあらひみ うるとなも』ホ15
『このあきみつほ ちからなす かれやまはとの みはとなす』ホ24

【留・統・執・治】同上。治め。纏り。政。 治める者。 =ち・た

『むらくもおおひ くらませは しなとおまねき ふきはらふ』ホ8
『ときにつきすみ おおくまと ひつめあおこま たてまつる』ホ192
『ものぬしは いかりていわく ふとたまは きみのとのおち とみをきな』ホ20
『つつかなく ゆくあらさかに いそらなす にしきとこはみ をえはけは』ホ29
『とよけのかみえ さおしかは みわのみけもち いわひとは たにはみちうし』ホ36

【臣】同上。

『むとせのち おもむろおさむ つるきしま なつきすえよか めともやむなり』ホ32
『みなつきの そふかへそきね かるおとと ねにうつしこを いわいぬし』ホ32
『ものへとちねお みうえから たけひあさとお みこかわり おのおのもふて』ホ36

【調・綴】和し。纏り。調え。治め。和合。調和。 =まとやまとゐやまと

『うみてよの きみとみのみち とのをしゑ さかりもとらは ほころはす』ホ3
『ものしるとても うくめかて とのみちひきに ゐらさらんおや』ホ17
『ひとなるみちは おもちひ そのもとはろて』ホ18
『われはとのちに をさむゆえ おみもとみなり そのゆえは』ホ23
『をさめえて にうるほせは かもしたう ましてたみおや をえてなつらん』フをえて

全部見る 

【ト】同上。 八元神「トホカミヱヒタメ」の「トの尊 (ト祖トの神・ト元神)」

『ここにとをやの あまつかみ とくさたからお さつけます』ホ20
『やまうみと とみことたまは はにすきの なめゑにつけて』ホ27
としたあめみや こゑのみち みおまたくして なからえり』ミ4
『みなかぬしより ゑのみよに ましへりひたひ のよにも ことふきかわり』ミ4
はなつに つきのめかえす はるあきそ』ミ6

全部見る 

【度・程】回数・程度を表す。「たむ(回む・廻む)」「ほと(程)」から。 

『ここのくみとは やよいみか』ホ2
『ものそのは うけもちのたの つとめおも なかとにならは うえややむらん』フもその

【立・突・凸・手】正の方向に離れるさま。突出。

『いよのふたなの をさまらで つきよみやれは いふきあけ とのみやにたす』ホ6
『きみいふきとに しつめしむ いふきとぬしは みゆきこし』ホ8

【尊・瓊・経】同上。最尊重されるべきもの。掟。教え。法。陽陰和る道。 =たて(経)たま(瓊・尊)

『あめつちの ひらけしときに ふたかみの とほこにをさむ』ホ序
『いにしかみ つくりさつくる とほこあり はととのふる おしてなり』ホ17
はをして ほこはさかほこ ふたかみは これおもちひて』ホ23
にさとし をしえてもこぬ のちうつも よしとたかくら おとしきと』ホ29
『あめのみまこに おさつけ やまとをさむる みかかみは こやねにさつく』ミ序

全部見る 

【十】同上。 到達。 =とお

『かくましわりて はらめとも とつきにうます』ホ4
『すめみまことくさゑるあや』ホ20
『みつかきお としよつにわけ とはとふか ひかたにこかと』ホ21
とよみもの ものぬしかみの つねのはそ もにはかたおり』ホ23
『くにくにめくり まさかきの ふたゑみゑとゑ かつてなく』ホ28

全部見る 

【男・背・陽】同上。 をと(男)の短縮。

おととのくるは さはあらし くにうはふらん』ホ7

【下・劣・乙・遅・弟・妹】負の方向に離れるさま。 =おと

『ひるこひめ いまいつくしに たりいたり あめのいろとと わかひるめ』ホ3
こことむすひの なにすゑて かすかとのとそ たふとませ』
ホ8
『かとりかいもと あさかひめ こことむすひの つまとして』ホ8
『まこかなす いとうけすてめ あかかたに くろそのつみと うむみこお』ホ24
『ゑはゆみやとり やまにかる はうみにいり つりおなす』ホ25

全部見る 

【下・麓・里】同上。 下。末。隅。裾。

ももとにくめる みきにつき うつりすすむる』ホ2
『あわなきは ねのしらやまと ちたるまで のりもとほれは』ホ2
ひのやまと にいみやつくり あめみこは ひたかみよりそ うつります』ホ6
『ひのやまのなも おおやまそ かれおおやまと ひたかみの やすくにのみや』ホ6
『またはたれ ひすみひたかみ かくやまと ふたいわうらに つくつけの』ホ8

全部見る 

【ど】逆接の接続助詞。「とも・ども」の短縮。

『みよつきなれて いつかけも なれいそくは あやしあり』ホ192

 

  

11/03/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】