おと  オト  oto

  

【音】
行き来するもの。めぐり伝わるもの。伝わり響くもの。

『ひかりむち おてにくにたま のりめくる おとはほおこほ』ホ18
『かみのこたえは ほおこほは ましるおとなり よくきけは』ホ18
『のかせにのれる くつはみの おとはこおこお』ホ18
『はらはひに よそひなけれは とほそひく おとにねさめて はつかしや』ホ26
『こえおちかえの たなはたの そらひのおとは みにつかす』ミ1

 
おつ(復つ)」の名詞化。
ここでは「C: 行き来する・回る・伝わる・響く」などの意。

類語:「ひひき(響き)」「こゑ(声)なり(鳴り)」「ととろき(轟き)」

 
 

【(復)】
回転。繰り返し。行き来。反復。揺れ。戻り/戻し。報復。復帰。再来。再生。

『なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな』ホ1
『あめなるや おとたなはたの うなかせる たまのみすまる』
ホ10
『こえおちかえの たなはたの そらひのおとは みにつかす』ミ1

 
おつ(復つ)」の名詞化。
ここでは「C: 回る/回す・行き来する/させる・繰り返す」などの意。

変態:「おち(復・変若)」「をと(復)」「はつ(回・復)
類語:
ふた(二)」「いま(今)」「さら(更・新)
派生語:「おとたなはた(復棚機)

 
 

【(大・上・熟・央)】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある・主導する」さま

『みなつきの そふかへそきね かるおとと ねにうつしこを いわいぬし』ホ32

 
おつ(上つ・熟つ・央つ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある・主導する」などの意。

 
 

【劣・乙・(衰)・弟・妹】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」さま

おとたまかわの しらすなに ひるねしておる ちまたかみ』ホ24
『ふのねせは ぬすむたからも おとかわさ くるしくうせて ねせやふすらん』
フふねせ

  ●けがれ。汚穢。

『いなしこめきお そそかんと おとなしかわに みそきして』ホ5
『あまいのる このてかしはゆ おとおすく やとるおなかの みことなる』ホ14

 ●幼いさま。若いさま。

『おのおのたては もちのひに おおひこいたる ならさかに おとめかうたに』ホ33

  ●組・対になっているものの下位のもの。副・従のもの。 ⇔ ゑ(上・兄・姉)をも(主)

おとににきねは にいたなす』ホ序
おととのくるは さはあらし くにうはふらん』ホ7
『やめるかをやに かなわぬは おとにつかせて あことなせ』ホ13
『おとろきわれは みちのおと こやねのをやも わかをやと かえものうけす』ホ16
『はやは きみおしゐ おときみこえと あらはれて ともにさすらふ』ホ28

全部見る 

  ●地方の行政区画を治める1対(兄と弟)の守の弟方。

『うかぬしめせは あにはこす おとはもうてて つけもふす』ホ29
おとはもてなす きみとみも よしのをのゑの ゐひかりも』ホ29
おとうかしきて しきたける かたきあかしも みなこはむ』ホ29
おとかやにゆき きみめすそ いさわいさわと からすなく』ホ29
おとしきおちて かたちかえ かみのいとうに われおそる』ホ29

全部見る 

 
おつ(落つ)」の名詞化。

変態:「おそ(遅・恐)」ほつ(没)」「もつ(没・歿)」「もと(下)ほと(陰・没・凹)」「はて(果)
派生語:「おとと(弟)

 
 

【乙・劣・遅・(果・乙弟)】
終わり。果て。際。

『またおとこ つはものぬしと こくみそゑ つほねととめて かえらんと』ホ6
『そのおとみこの うつきねは つくしにいたり たおこやし をやにつかふる』ホ28
おとうまし からひさとこの うかつくぬ そえてささくる』ホ34

 
おつ(落つ・果つ)」の名詞化。

変態:「はて(果て)
派生語:「おとこ(乙子)

 
 

【小臣】
下級の臣。

『やそてへひとり あれをさと なるおおとらか ちきりまく』ホ23

 
お(小・下・劣)」+「と(臣)

類語:「ことみ(小臣)」「へをみ(卑臣)

  

10/01/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】