とふ  トフ  tofu
とう  トウ  tou
とゆ  トユ  toyu

  

【問う・(添ふ・統ふ・留ふ・治ふ・対ふ・等ふ)】
A: 合う/合わす。
当たる。向ける。掛け合う。呼び掛ける。迫る。(気を)留める。統べる。治める。

『まちたまえ のちかえさんと もちかえり たかまにいたり もろにとふホ1
『はなきねは ゐなにつつるお あねにとふ あねのこたえは あわのふし』ホ1
『またとふはらひ みそふなり』ホ1
『ふたかみの ひひめみをうむ とのゐつつ とえはかなさき こたふるに』ホ3
『むかしふたかみ つくはにて みめくりとえは』ホ3
『おおものぬしか ひのかみの ゐみなのあやお もろにとふホ4
『あるひをかみか をゑとえは ひめのこたえは』ホ4
『これよりもろか なおこひて おはよりとえは うひるきと みつからこたふ』ホ4
『もろかみの かみはかりして ものぬしか まくらことはの ゆゑおとふホ5
『またとふなんち なにひとそ たみといふにそ おたけひて』ホ7
『またもとおとふ こたえいふ よよのとみゆえ ことなせり』ホ7
『そのなかに たおやめあれは これおとふ まかたちこたふ』ホ7
『かたにわふんて けちらして いつのおたけに なしりとふホ7
『たひまつにはせ こにとひて たかまにはかり ゐのらんや』ホ7
『ふつぬしか てたておとえは かなさきの をきなこたゑて』ホ8
『もにつつしむお きこしめし みこのくすひに とわしむる』ホ8
『ときにいふきと ゆえおとふ はるなこたえて』ホ8
『またとふやつこ こしはなに いわくなんちお やことせん ゆえにのるなり』ホ8
『ひめおゑんやと いやといに みなはたれそと うらとえは』ホ9
『くしきねあわの さささきに かかみのふねに のりくるお とえとこたえす』ホ9
『そはほむし くしきねはせて これおとふ したてるひめの をしえくさ』ホ9
『いつもきつきに かふつちの つるきおうえて うつくまり なちりとふなり』ホ10
『おほなむち こたゑとわんと みほさきの つりえききすの いなせはき』ホ10
『あめのこたえお とふときに ことしろぬしか ゑみすかほ』ホ10
とえはことふる おほなむち そのこのままお ふたかみえ』ホ10
『みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなし』ホ11
『あるひわかひこ かうとのに のほりこかねの はなおとふホ11
『しほかまのかみ またしらて かすかのかみに ゆえおとふホ12
『またとふたから さることは かすかまたとく』ホ13
『ときにしほかま こなきとて とえはかすかの をしゑには』ホ13
『ひめはかえして いといなや いろせにとはは あちもまた』ホ16
『よそにとわんと おもふなり こころまよえは をしゑこふ』ホ16
『そのぬしは かれにとひつめ ここさとし またうらとえは ついかたる』ホ17
『たみらおそれて これつける ものぬしとえは こたえいふ』ホ21
『これにより またをこぬしに とわしむる をこぬしいわく』ホ21
とえはあまてる みことのり はたれかわさは ちかつけす』ホ23
『またとふやたみ おさむれは やたなはいかん みことのり』ホ23
『またとふかきの やゑいかん きみにこゑみて のたまふは』ホ23
『なんちめかちに とふへしと うすめむねあけ もひほさけ あさわらいゆく』ホ24
『うすめまたとふ いつれから ゆくやこたえて われゆかん』ホ24
『またとふなんち しるやきみ いきますとこお こたえいふ』ホ24
『はけやまお とえはあれおさ あきといふ きのあるなにて なきいかん』ホ25
『かりわなにおつ これおとく しほつつのをち ゆえおとふホ25
『やゑのたたみお しきもうけ ひきいれまして ゆえおとふホ25
『ときにはて もろあまめして これおとふ ひきめはひかん あらこあみ』ホ25
『みやあいて とえはやまくい これむかし きみかちおかり とられしお』ホ25
『しかふねとえは わにかいふ おおかめならは つきこえん』ホ26
『にしのみやより やましろに いたりてとえと ひめはいま おりてのほらす』ホ26
とえはよろこひ こたえとう みほつうなつき おおゑきみ』ホ26
『みほつにとえは うたなせと かれうたよみて みほつめか』ホ26
『ははこのほれは みたまひて うちなおとえは ひめこたえ』ホ27
『おおなむちとふ なんちたそ われはなんちの さきみたま くしゐわさたま』ホ27
『こよみまたとて ものぬしか いせにもふてて これおとふホ28
『ともにいたれる おうちみや かすかにあいて もとおとう をきなこたえて』ホ28
『あるしとふ すすなえありや かつてなし ておむなしくす』ホ28
『またとふなんち たおすつや ほろしていわく ちはすてす うゆおおそれて』ホ28
『またもとふ いふきかみかや ときにはは たなこひめあり こたえいふ』ホ28
『あるしとふ さくすすはたち のひいかん かれにうせたり これもあめ』ホ28
『さるたうけとり とわんとす はやめおとちて こたえなし』ホ28
『みもすそとえは さるたひこ むかしはたれお やふらんと みそきなすとき』ホ28
『はやすいと よるあまおふね あひわけか とえはくにかみ うつひこそ』ホ29
『かしはてによる うさこひめ たねこかつまと ちちにとひ つくしのをしと』ホ29
『ときにきみ とえはみないふ とにさとし をしえてもこぬ』ホ29
『あめとみおして みやつくり きさきたてんと もろにとふ うさつかもふす』ホ29
『なおりみたりは わかみやに とえとこたえす もにいりて もろはにまかす』ホ31
『よそほひは あひらつひめと わにひこと とはすかたりお なしはへる』ホ31
『かはねおとえは をはこもり めはかつてひこ たまふなは』ホ31
『きみとふて かくおしゆるは たれかみそ こたえてわれは』ホ33
『たたねこに たかこそととふ こたえには むかしものぬし すえつみか』ホ33
『これまことよし よそかみお とえはふとまに うらわろし』ホ33
『おおひこは あやしくかえり これにとふ おとめかいわく』ホ33
『ことはききゑす はらのとみ そろりよしたけ よくしれは これにとはしむ』ホ34
『すてにころしつ もしさきて あたいおとはは まつるかみ ゑんとこたえよ』ホ34
『たつぬれは むらきみうしの あたいとふ こたえてまつる かみゑんと』ホ34
『かえりおとろき つまにとふ いわくおとめは きさにさる』ホ34
『そのときに おおともぬしと なかおいち はりまにやりて とわしむる』ホ35
『よほなつき つうゑはをなゑ さほひこか きさきにとふは』ホ35
『きみもろにとふ くえはやに くらふるちから あらんおや』ホ35
『みそみとし みわのたたねこ やましろか たちにいたれは さらすとふ』ホ37
『きみとけす まてにとふいま わらんへか かまはたはなに』ホ37
『きみかしこみて またとわす おのつといたる あはちしま』ホ37
『きしとへは たかよりのほる うちまろも うちみやにゆき ことほきす』ホ38
『なにむらと とえはやつしろ とよむらの たくひおとえは ぬしおゑすホ38
『きみとえは をきなのいわく くぬきなり たおれぬさきは』ホ38
『たけひのいわく うたのこと またとふかれは あわならす なにのうたそや』ホ39
『なつかはき ここにゐてとふ つきありや たけひこたえて』ホ39
『またとふは やそおももとす かすいかん こたえはかなめ』ホ39
『かえしとふ ゆりかはしめか こたえいふ かみよにもあり』ホ39
『わかたりひこと たけうちと うちにまいらす かれめして とえはもふさく』ホ40
『みふねかつさえ あほのはま みさこゑはむお たみにとふホ40
『かしまかくらの ししまひお とえはときひこ これむかし』ホ40
『さるたはみちの ういおとふ こやねこたえて きつのなお』ミ1
『さるたとふ むねとみなもと きつたらも こやねこたえて』ミ1
『さるたひこ こゑおひのての ゆえとえは こやねこたえて』ミ4
『つきすみの しかのみことか ゑとのかみ とよりののとの ゆえおとふミ7
『あめやすかわの わかひるめ とえはこたえの をしゑくさ』ミ逸

 
変態:「とむ(留む)」「そふ(添う)」「とる(取る・執る)
派生語:「とよ(留・統・治)」「とようけ(豊受)」「とわく(問わく)」「とひ(問い)」「うらとふ(心問う)」「なしりとふ(詰り問う)」「ことふ(応ふ)」「たとふ(喩う)」「つとふ(集う)」「しとふ(慕ふ)」「いやとよ(否とよ)」「まとふ(纏う)
独り言:「とう(統)」「とう(当)」

 
 

【飛ぶ・(離ふ・外ふ・遠ふ・投ふ)】
B: 離れる/離す。放つ。分れる。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『くりかえし みもむそうたひ とよませは むしとひさりて にしのうみ』ホ1
『をかみもゑみて もろともに おかむひのわの とひくたり』ホ4
とひてたかみの まへにおち けんけんもなく ちのははや』ホ10
『うつほにすめと そらとはす はにふみおれは こたえしる』ホ17
『しらにはやまに からすとふ くまのとおもひ みやうつし』ホ20
『うみかわく しかおひゆきて ふねにのる みやとひにくる』ホ25
『ときにたちまち ひさめふる こかねうのとり とひきたり ゆはすにとまる』ホ29
『ときほんつわけ とふくくひ みていわくこれ なにものや』ホ36
『きみいわく とりゑはほめん ゆかわたな くくひとふかた おひたつね』ホ36
『もえくさとひて あたいくさ やきほろほせは やけつのや』ホ39

 
変態:「そる(剃る・反る)」「さる(去る)」「する(掏る)」「ちる(散る)」「つむ(摘む)
派生語:「とお(遠)」「いとふ(厭う)」「とひ(鳶)」「とわた(迸た)」「まとふ(惑う)
独り言:「とう(投)」

 
 

【訪う・飛ぶ・(回ふ・廻ふ)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。巡る。送る。還る/還す。探る。

『みやつより はやきしとへは あまひかみ いそきまなゐに みゆきなる』ホ6
『さほこより つはものぬしか かくみやに ききすとはせて』ホ7
『たひまつにはせ こにとひて たかまにはかり ゐのらんや』ホ7
『やまたにいたり きしとへは はるなははみち のもやまも』ホ8
『やとせふるまて かえらねは ななしのききす といくたす』ホ10
とひてたかみの まへにおち けんけんもなく ちのははや』ホ10
『たかてるのあに たかひこね あめにのほりて もおとえは』ホ10
『ともなれはこそ おちにとふ われおなきみに あやまつは』ホ10
『こもりにこれお とはしむる ひめきみあひて みたねうむ みはたおこえは』ホ16
『はらみこお とひうるための たひやとり あるひひめかみ またのとひ』ホ16
『かもふねはやく とはさせて おきつにつけは きちとひて さかおりにつく』ホ24
『をにふのきちの ひたとへは あとおしたひて くちきたに』ホ26
『かえことなせは きしとひて つくるつくしの はてすみと』ホ26
『うねひやま ひるはくもとゐ ゆうされは かせふかんとそ このはさやきる』ホ31
『さねさねし さかむのおのに もゆるひの ほなかにたちて とひしきみはも』ホ39

 
変態:「たむ(回む・廻む)
類語:「おとする(訪る・復と擦る)」「とほるとふる (通る)」「とほす・とふす (通す)
派生語:「もとゐ(基)」「といくたす(訪い下す)」

 
 

【跳ぶ・疾ふ・(逹ふ・到ふ・富ふ・尊ふ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・先行する・栄る・熟れる・優れる・勝る・速まる・至る」

『にけんとするお たちからを はたれはるなに とひかかりホ8
『うちあおたれて かせふくみ はねとなるとき とひこさす』ホ191
『たとひとふとも のるひとの ゆくりなけれは あえとはす』ホ191
『うはのあおりお うつとても つなつよけれは むまとはす』ホ191
『なかさむた ははみたあつさ ひとたゐき すへらきいのり とひあかる』ホ38
『いえはうつろゐ とひあかり なるかみしてそ さりにける』ホ27

 
変態:「とむ(富む)」「てる(照る)」「さふ(騒ふ・繁ふ・聳ふ・早ふ)」「さゆ(冴ゆ・明ゆ・清ゆ)」「そふ(聳ぶ)
派生語:「とよむ(響動む)」「とお(十)」「とよ(豊/疾)」「とひかかる(飛び掛る)」「とほるとふる (徹る)」

 
 

【(絶ふ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

変態:「たゆ(絶ゆ)」「たる(垂る)」「つゆ(潰ゆ)」「さむ(冷む)」「しる(痴る)
派生語:「とほし(乏し)」「とぼとぼ」「とほほ」

 
 

【十二】
12。

『みつかきお としよつにわけ とはとふか ひかたにこかと』ホ21

 
と(十)」+「ふ(二)

変態:「そふ(十二)

 

10/06/09

 

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】