かくのき  カクノキ  kakunoki

  

【橘の木・(芳の起)】
芳しき木。繁栄の起。

『わさおきうたふ かくのき かれてもにほゆ』ホ7
かくのきうえて まうらかみ よよたちはなの きみとなる』
ホ24
かくのきよさほ かふよさほ もちきたるまに きみまかる』ホ37
『さきにたしまか のこしふみ くにそまされは かくのきお ゑんとおもえは』ホ39

 
かく(橘・芳)」 の 「き(木・起)

同義語:「たちはな(立木・橘)
類語:「とこよのはな(疾代の木)」「くにとこたちのみよのはな(国常立の御代の木)

  

15/01/31

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】