ゐゑ  ヰヱ  wiwe
いゑ  イヱ  iwe
いえ  イエ  ie

  

【(合・結)・家】【癒え】
1.(身を)合わす・収める所。屋。

『おのれはさらす ははよりそ ゐゑすていつる ひめもまま』ホ7
『きそちより いたるおはりの たけとめか まこのむらしの ゐゑにいる』ホ40
『つまみやすひめ みやこより おくりてちちか ゐゑにまつ』ホ40
『おはりにかえり みやつめの ゐゑにいらすて いせのみち』ホ40

2.まとまり。和。統。系。族。連なり。 システム。機関。連邦。国家。

『いまよにのこる いゑいゑの ふみもそれそれ かはりある』ホ序
いゑおをさむは あになれと やめるかをやに かなわぬは』ホ13
『めはななし いゑにとつけは をせのなに たかうちむろと』ホ13
『つまとめかけと やにいれは いゑおみたるそ』ホ13
ゐゑもさかえて そろふゆる みつほとなせる かみうたそ』ホ17

全部見る 

3.収(治)まるさま。(曲り・逸脱が)直るさま。

『ほしきおも ゐゑわさなせよ とほしくと ぬすまはかるる』ホ17

 
ゐゆ/いゆ (居ゆ・結ゆ・癒ゆ)」の名詞化。 
ここでは「A: 合う/合わす・連なる/連ねる・収まる/収める」などの意。

変態:「ゆひ(結い)やゑ(和・家)おり(居り・檻)」「みや(宮)」「みよ(代・家)」「ゐや(居屋)」
類語:「よ(世・代・治・結・家)」「まつり(纏)」「や(屋)」「みやゐ(宮居)」「いゑゐ(家居)

 
 

【(射ゑ)】
放ち。放出。射出。

『ゑさるかみあり きさらきや こりゑこころみ むままつり』ミ9

 
いゆ(射ゆ)」の名詞化。
ここでは「B: 離す・放つ・遣る」などの意。

 
 

【(敬・礼)】
正の方向に離れる/離すさま。 尊敬。

『をのきにの いさおしおとに あるなれは ゐゑもさかいも さにそきにける』フをきに

 
ゐゆ(斎ゆ・上ゆ・敬ゆ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上げる・敬う・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至らす」などの意。

変態:「いや(敬)」「うや(敬)うえ(上)」「みゑ(見栄)」「はゑ(映え・栄え)」「ふえ(増え)」

 
 

【汚穢】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

ゐゆ(卑ゆ・賤ゆ・冷ゆ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「おゑ(汚穢)いわ(汚穢)」「あら(粗)」「あお(穢汚)」「おれ(折れ)」「おに(鬼)」「みな(穢)
派生語:「おゐゑ(和穢/追穢)

  

10/01/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】