みやゐ  ミヤヰ  miyawi

  

【宮居】
みや(宮・敬・上)と同じ。 中心。本源。核。本拠。拠点。

『つくしあかつち これおうけ うさのみやゐお あらためて もちこはやこは あらつほね』ホ7
あめのみやゐに かえさんと けものになるお ととむなり』ホ15
『みくまのの みやゐおかみて なみはより かもにていたる』ホ20
『たみよみかえる まもりとて はたきてうくる みやゐこれかな』ホ24
『みもかわに あのほるちゑて さこくしろ うちのみやゐに ふよほへる』ホ28
『くすこおかみの みつえしろ たけのみやゐに つつしみて つかえはんへる』ホ38

 
「みやふ」の名詞化。
「みやふ」は「みゆ(上ゆ・斎ゆ)」と同義語「やふ(斎ふ・敬ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・主導する・至る」などの意。

類語:「みや(宮)

  

10/01/31

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】