まつり  マツリ  maturi

  

【纒・政・祭】
A: 合わすこと。
 1.合わせ。収め。治め。手当て。対処。処置。調え。直し。政治。

『さをしかやつの をんみみに きこしめさるる あさまつりホ序
『もろかみの たかまにまつり はかるのち つはものぬしか』ホ3
ひなまつり をしゑていたる かたのうら あわしまかみそ』ホ9
『おほなむち つかるうもとの かみとなる ほひのみことお もとまつりホ10
『ををんかみ なんちさかなし あひみすと まつりはなれて よるきます』ホ15

全部見る 

 2.神霊(陽陰・日月) と交わること。あの世とこの世の同調・統合。=祭

『そのうゑにたつ あさひみや きみねんころに まつりして』ホ6
あめのまつりお たておけよ かはねのみやに かんくらお』
ホ13
まつりなけれは あまめくみ もれておつるそ』ホ13
『あゆきわすきの まつりぬし たのみてそれの たまかえし』ホ13
『ふとたまは よよまつりとれ またかくやまは ものぬしよ』ホ23

全部見る 

 3.続き。連なり。継ぎ。まとまり。系統。家。

『ちちますひとの まつりつく しらひとこくみ このいわひ なかはさおゑて』ホ7
まつりたえんお ひめありて よつきみちきく こはたから』
ホ16
『このゆえに よものまつりも おのつから ひとりにつけり』ホ16
『このたけとめお とみにこふ たけつつくさの まつりつく たけたのをやそ』ホ32

 
まつる(纏る・政る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・まとめる・収(治)める・連ねる」などの意。

変態:「まとめ(纏め)」「まとひ(纏)
類語:「をさめ(治め)」「なめ(嘗)」「なえ(和え)
はた(機)」「みはた(御機)つき(継ぎ・嗣)」「よつき(寄継ぎ)
派生語:「あさまつり(朝政)」「もとまつり(元政)」「まつりこと(政事)

 
 

【祭・奉】
B: 正の方向に離すこと。「上げる・尊ぶ・敬う・祝う・勢い付ける・栄す・至す」こと

『あさひはら あまてるとよけ ふまつりは みちおみそまた』ホ29
『みあつくなれは にきはひて かれにほつみの まつりなす』ホ31
『ほつみはつひは うけまつり ふめたつかせに かやおふす』ミ7
『ふしあれのわき そろをゑは しなとまつりに のわきうつ ほをのはらゐそ』ミ7
『こもちつきには まめおそふ もちよりさむる をかまつりミ7

全部見る 

 
まつる(詣つる・全る)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」などの意。

類語:「なめ(嘗)」「いわひ(祝・斎)

 

10/03/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】