やしろ  ヤシロ  yasiro

  

【社・(居領/敬代)】
1.居場所。収まる所/器。 役目。持ち場。post。

『うつろゐの をまさきみとそ としのりに やしろたまわる』ホ21

2.上位の区分・区画。公。官
 ●
上流階級。指導的階級。君と臣。 =やかた(敬方)・かみかた(上方)・ををやけ(公)

『このみつお あわすかかみの やはやしろ たはたみおたす』ホ17

 ●指導階層が政を執る所。政殿。政庁舎。 =との(殿)たち(館)やかた(館)

『またやのたみめ やしろなる いまみやとのに たみおたす やつはやかたそ』ホ17
『むてむすひ むろやつくりて たみおうむ のちやてむすひ やしろなる』ホ21
『みつからしるし このふみお やしろにおくは ゐつこのためか』ホ28
『かれかすか おくりてのちは つとめおり みかさやしろの たまかえし』ホ28
『かかみとみ ふもとやしろの ふみささく われもあくれは みことのり』ミ序

全部見る 

 ●神霊を纏る所。依代。 =かんなみ(神和み)しらいし(領居し)

よつきやしろの いろしては あめのみをやに いのらんと』ホ4
『ときみことのり うつをかみ やしろとさして あめにつく』ホ21
『みつかきお なおすたくみら うつろゐの やしろきあれは おそるるお』ホ21
『あやおりは はにのやしろの さなめゑに すきいのるはそ』ホ23
『ややみかに わけつちのねの みつはめの やしろにやすむ』ホ26

全部見る 

 
[1]
「やしろ」は「やしる」の名詞形。
「やしる」は「やす(和す)」と同義語「しる(領る・占る)」の合成。 
ここでは「A: 合う/合わす・収まる/収める」などの意。
[2]
や(弥・斎・上・敬)」+「しろ(代)
「や」は「高いさま・尊いさま・主導的なさま・上位者」の意。
「しろ」は「区分・区画・階層」の意。

変態:「ゐやしろ(居領)
類語1:「ゐや(居屋・居家)」「ゐゑ(家)」「や(屋・家)」「しろ(城)」「やしき(屋敷)」「をやしき(御屋敷)」
類語2:やかた(敬方)」「かみかた(上方)」「をやかた(親方)」「ををやけ(公)」「おなか(央中)」「みや(宮)」「みやつや(見和つ屋)」「にゐみや(和宮)」「たかみや(高宮)」「かんみや(上宮)」「との(殿)」「おおとの(央殿)」「うてな(央殿)」「たち(館)」「やかた(館)」「くにかけ(国懸)

  

13/03/14

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】