ほこら  ホコラ  hokora

  

【(祝梱・神庫)・叢祠・祠】
1.尊い座所。神の依代。やしろ(社)ゐやしろ(居領)
2.尊い容器。
ほくら(神庫)

『たかののもりに かくれすむ わけいかつちの ほこらなし つねにみかけお まつるなり』ホ27
『をなかひめ いなみていわく たおやめの ほこらたかくて』
ホ37
『たかけれはこそ わかつくる かみのほこらも かけはしの ままとうたえは』ホ37

 
ほく(祝ぐ)」+「こら(梱)」の合成。
「ほく」はここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「高める・敬う・尊ぶ・斎む・祝う」などの意。
「こら」は
こり(梱)から(殻)くら(座・蔵)」などの変態で「容器・座所」などの意。

変態:「ほくら(神庫)」「みから(神殻)」「おくら(御蔵)」
類語:「やしろ(社)」「ゐやしろ(居領)

独り言:「ほうこ(宝庫)」

  

10/01/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】