みくら  ミクラ  mikura

  

【御座・神座】
尊い空間/場所。神・君の座所。

ひたかみの みくらのあとに またみやこ うつしてなつく たかのこふ』ホ11
『みはしらお よつきみくらに みてむすひ あめのみをやお まねきこふ』ホ14
『もとあけの よそこのたねの なかみくらホ14
『きみたかみくら しとねこゑ あまのたねこは しとねみゑ』ホ30

 
み(上・敬・斎・神)」+「くら(座・位)

別名:「たかくら(高座)」「たくら(卓座)」「たくり(卓限)」「かんくら(上座・神座)」「ほこら(祠)

 
 

【三座】
三つの座・席。

『すえはみそふの たみめひこ もとなかすえの みくらあり』ホ14

 
み(三)」+「くら(座)

  

09/12/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】