はにのやしろ  ハニノヤシロ  haninoyasiro

  

【埴の社】
(新嘗祭において) 人間生活を守る「田畑神」を纏る社。

『あやおりは はにのやしろの さなめゑに すきいのるはそ』ホ23

 
はに(埴)」 の 「やしろ(社)
「はに」はここでは「陽陰(魂魄)が和合して凝ったもの」の意で、「人」を表す。

同義語:「はにすき(埴挿き)

  

09/10/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】