はにすき  ハニスキ  hanisuki

  

【(埴結き・埴挿き)・埴主基・埴須岐】
(新嘗祭において) 人の生活を守る「田畑神」を纏ること。

『やまうみと とみことたまは はにすきの なめゑにつけて』ホ27

 
はに(埴)」+「すき(結き・挿き)
「はに」はここでは「陽陰(魂魄)が和合して凝ったもの」の意で、「人」を表す。
「すき」は「合わせ・結び・留め」などの意で「まつり(纏り)」と同じ。

関連語:「あゆき(天結き)」「わすき(地挿き)」「はにのやしろ(埴の社)

  

09/11/27

  

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】