あゆき  アユキ  ayuki

  

【(天結き)・天悠紀・天斎忌】
天神の纏り。アメトコタチの神霊を招き寄せること。

『ひさかたの ひかりあれます ういなめゑ あゆきわすきに つけまつり』ホ4
あゆきわすきの まつりぬし たのみてそれの たまかえし』ホ13
『ねのつきに あゆきわすきの みやつくり もとあけあわの かみまつり』ホ30

 
あ(天・上)」+
ゆき(結き)
「あ」は「あまかみ(天神)」を意味し、ここではアメトコタチの九神を言う。
「ゆき」は「合わせ・寄せ・留め」などの意で「まつり(纏り)」と同じ。

類語:「ゆき(結き・悠紀)」「ゆきのみや(結きの宮・悠紀の宮)
対語:「わすき(地挿き)」「はにすき(埴挿き)

  

10/03/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】