ゆかり  ユカリ  yukari

  

【縁・所縁】
A: 交わり。関わり。連なり。関連。
C: めぐり合わせ。

『さしめささくる ゆかりにて ますひととなる みめくみの きみなりははよ』ホ7
『たこのうらひと ふちのはな ささくるゆかり はらみゑて なおうむみうた』ホ32
『はらみやま ひとふるさけよ ふしつるの なおもゆかりの このやまよこれ』ホ32
『おしやまに とつくははこも をんめくみ ふかきゆかりの ためしなるかな』ホ37
『あぬうなる みはのゆかりは さをしかの もすそにみつる めくみぬうなり』フあぬう

 
「ゆかる」の名詞化。
「ゆかる」は「ゆく(結く/往く)」と同義語「かる(交る/転る)」の合成。
ここでは「A:合う・交わる・関る」、また「C: 回る・巡る」などの意。

変態:「ゆくり(縁)」「おくり(送り)」「めくり(巡り)
類語:「けゐ(契)」「ふち(縁)

  

10/01/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】