めくり  メクリ  mekuri

  

【回り・廻り・巡り・周り・(恵り)】
1.まわること。回転。巡回。循環。周期。順番。運。

『これみのうちの めくりよく やまひあらねは なからえり』ホ1
『いまみそひとは このをしゑ あめのめくりの みむそゐゑ』ホ1
『むかしふたかみ つくはにて みめくりとえは』ホ3
あめのめくりの むしはみお みるまさかにの なかこりて』ホ7
『ひかしのほりて にしくたり うつほにめくりホ14

全部見る 

2.まわり。周囲。周辺。外周。

『むかしふたかみ つくはにて みめくりとえは』ホ3
『ひめはすそのに うつむろし めくりにしはの かきなして』
ホ24
『わきかみの ほほまのおかに みゆきして めくりのそめは』ホ31
『きさらきやかに くにめくり まつらふしるし かくかこお』ホ39
『あめなかぬしの もはかりよ あめのめくりの もよとめち』ミ4

全部見る 

 
めくる(回る)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・行き来する・循環する」などの意

変態:「もかり(殯)」「めぐみ(恵み)
類語:「みめくり(回巡り)」「まわり(周り)」「くるり(周)」「くるわ(曲輪)」「こゑ(還)

 
 

【(恵り・巡幸り)】
めぐらすこと。分配。共有。
 ● (日月のように巡って天が下を)和し恵むこと。巡幸。

めくりこえとも ををんかみ ゆるさすここに かりすまゐ』ホ24
『そのほかみその まねくゆえ めくりかんかえ つくしみや』ホ25

 
めくる(恵る・巡幸る)」の名詞化。
和つ日月君が地を巡る」場合には、常に「天が下を和して恵む」という日・月の機能を伴う。

変態:「みかり(巡幸り)」「まかり(還り・環)
類語:
みゆき(御幸・行幸)」「みめくり(回恵り)はこね(運廻)

  

11/02/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】