さつく  サツク  satuku
さすく  サスク  sasuku

  

【授く】
E: 負の方向に離す。下す。下位者へ渡す。

『たしてみくさの みたからお さつくみまこの とみたみも』ホ序
『むかしみちのく つくさねは ここにまつとて さつけまし』ホ6
『まつりさつけて ことなすお ははにしたえは ひめかうむ』ホ7
『はたれやふるの ましないの たねおもとめて さつけます』ホ8
『あいふへも をすしやかみの あてまもり ねこゑさすくる あなみかみ』ミ10

全部見る 

 
さつ(垂つ)さす(垂す)」と同義語「つく(潰く)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離す」で、「下げる・勢いを奪う・劣らす・縮小する・静める・果てさす」などの意。

変態:「しつく(沈く)
類語:「たまふ(賜う)」「くたす(下す)
派生語:「さつかる(授かる)
反対語:「ささく(捧ぐ)」「たてまつる(奉る)」「あく(上ぐ)

  

10/06/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】