みこ  ミコ  miko

  

【御子・皇子】【神子】
1.上位者の子。「子」の尊敬語。

やもやくたりの みこうみて みなそのくにお をさめしむ』ホ2
『さつちにをさむ やみこかみ おのおのみこお ゐたりうむ』
ホ2
『きみとみたみの みくたりの かみはもふその みこありて』ホ2
『うひちにもうく このみこは あめよろつかみ そあさたし あわさくうめは』ホ2
『ふたかみは つくしにゆきて うむみこお つきよみのかみ』ホ3

全部見る 

2.上位にある子。皇位継承予定の男子。嗣子。皇太子。

みこおしほみは ひたかみの たかのこうにて くにをさむ』ホ序
『うらのよきひに わたましの きみはあまてる よつきみこホ11
あまてるみこの をしほみみ あまつひつきは たかのかふ』ホ12
『ときにすめみこ いわくすの ふねおもふけて まらかおち』ホ20
すへらきみこも つつかなく ゆくあらさかに いそらなす』ホ29

全部見る 

3.神の子。神(陽陰・日月)の分霊。

『とよけにて あめみこひたす ものかたり』ホ4
『そのそひかみお ゑともりと あみやしなうて やみこなる』
ホ22
『これかみの みこにをしゑて いたわりお しらねはかみは とりゐぬそ』ホ21
『ちちかなけれは いみなせす いつものみこと ひとかよふ』ホ27
あまみこか あめにかえれは みそみおふ まめもみさほも とほるあめかな』ホ31

全部見る 

 
み(上・神・御)」+「こ(子)

類語:「おこ(御子)」「あこ(天子)

 
 

【(子)】
分かれ。派生。分け身。=子

みこまこひこの すえまても あまてらします ををんかみ』ホ序
ひめみこうめと つきこなく たのしなきとて』ホ4
『みよものぬし みこのなうた こもりこの あにはかんたち つきつみは』ホ10
『このこはますく たらちねの なゑのよつきの みことなりけり』ホ14
『ひめみこお もろかみこえと うなつかす たかののもりに かくれすむ』ホ27

全部見る 

 
みく(撒く)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる」の意。

類語:「わこ(吾子・和子)」「まこ(孫)」「ひこ(曾孫)

 
 

【(見こ)・巫女】
合せ。結び。つなぎ。橋渡し。仲介。媒介。

『いとおりひめお ここたへに みこなかはしの をしてもり』ホ31

 
みく(見く)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・つなぐ・渡す」などの意。

  

11/04/14

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】