きふね  キフネ  kifune

  

【貴船】
水と船。

『あわうみの あつみのかみと すみのゑも ともにきふねの まもりかみかな』ホ37

 ●<地名> 貴船の社。 =ミツハメの社

『たみつおまもり ふねおうむ きふねのかみは ふなたまか』ホ27
『ももかもふてて きたりませ われはからんと ゆくきふね たたねこかうた』ホ37
『みかきふねより かもにゆき わけいかつちの おほかみに みてくらおさめ』ホ37

 
き(貴・揮・汽・水)」+「ふね(船)
「き」はここでは「上澄み・精髄・純粋」などの意で「みつ(瑞・水)」と同義。

  

11/09/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】