みつ  ミツ  mitu

  

【(合つ)・充つ・見つ・密つ】
A: 合う/合わす。収(治)まる/収(治)める。現る/現す。備わる/備える。調う/調える。叶う。適う。

『あまのいわふね おほそらお かけりめくりて このさとの なおもそらみつ やまとくに』ホ20
『ふしとあわうみみつのあや』ホ32
『ゆみつきのよは ゐのみつに ぬえあしもちか かたをゑお』ミ7
『わのなかに みひかりのあし なかにみつ これかみかたち』ミ7
『あぬうなる みはのゆかりは さをしかの もすそにみつる めくみぬうなり』フあぬう

全部見る 

 
変態:「まつ(待つ)」「むす(産す)」「めつ(愛づ)」「もつ(持つ)
派生語:「みちひく(導く)」「みつく(見付く)」「みたたす(充た足す)」「みちすけ(充ち直け)」「ちみち(地道)」「みてくら(幣)」「みつえ(御杖)」「おもんみつ(思ん見つ)」「みつく(貢ぐ)」「みつえ(御杖)

 
 

【(離つ・放つ・罷つ)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「ます(申す)」「もつ(没つ)」「いつ(出つ)

 
 

【(回つ・廻つ)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。めぐらす。分配する。恵む。

『あまのいわふね おほそらお かけりめくりて このさとの なおもそらみつ やまとくに』ホ20

 
変態:「おつ(復つ)」「ゆす(揺す)」
派生語:「みと(凹凸・陰陽・女男)」「みちひ(満干)

 
 

【満つ・充つ・(貢つ・実つ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『まさかきの うゑつきゐもに みつるころ よつきのをかみ』ホ2
『うたひはらめと つきみてす ゑなやふれうむ ひよるこの あわとなかるる』ホ3
『さすらても はたれもはなけ みつたらす かかんなすかも てたてつき』ホ8
『やゑかきうちで たのしむる ももやそひたり こにみつるかな』ホ9
『いつもやゑかき おほなむち みつれはかくる ことはりか』ホ10

全部見る 

 
変態:「まつ(全つ)」「むす(蒸す)」「もす(燃す・茂す)」「ひつ(秀つ)
派生語:「もみち(紅葉)」「みちのく(道奥)」「みつ(水・瑞・蜜・密)」「みつれはかくる(満つれば欠くる)」「みたたす(満た達す)」「みとる(充る)」「みちみ(満ちみ)」「みちのり(道程)」「みたく(満長く)

 
 

【(惨つ・貧つ・短つ・未つ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

変態:「まつ(拙つ)」「ねす(寝す)」「ふす(臥す)」「やす(痩す)」「あす(褪す)
派生語:「みつち(惨霊/蛟竜)」「みちか(短)」「ちみち(地道)」「やみち(闇惨)

 
 

【水・瑞・蜜・密・(満・至・厳)】
D: 正の方向に離れるさま/もの。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心なる」さま/もの
  ●至り。精髄。本質。純粋。奥義。 またそれを具現するもの。

『よねとみつ かまにかしくは ひかしらや』ホ1
『このみつ(瑞)お ぬのもてつくる やとよはた やすみにたてて きみとなる』ホ4
『やかれてまさに おわるまに うむつちのかみ はにやすと みつみつはめそ』ホ5
つきのみつ くたせるつゆは かはのみつ うつほうくれは くもとなり』ホ15
『またたちからを たにおてて たまゆらきけは みつしれり』ホ17

全部見る 

 
「みつ(満つ)」の名詞化。
どういうことかというと「ビーカーに泥水を入れてかき混ぜる実験」で重い粒子は下に沈み、同時に上の方は澄んで行く。この澄み切った(至った)部分が「水」なのである。つまりあるプロセスにおいて最終的に得られる精髄(上澄み)が「みつ」。この意味において「みつ(蜜)」「みつ(瑞)」「みつ(密)」も同義。
この実験はホツマツタヱが伝える天地創造のプロセスそのものである。

変態:「みち(満・瑞・蜜)」「また(全)」「みな(水)」「いつ(逸)」「うつ(全)」「はて(果て)」「ふつ(悉)」「ゆつ(斎)
派生語:「みつはめ(水侍)
独り言:水の音読みは「すい」だが、上に記した「瑞」「髄」、さらに同義と思われる「粋」も「ずい・すい」と読むのはいったいどう理解すればいいのか。

 
 

【密】
覆い。囲み。限り。区切り。

みつかきお としよつにわけ とはとふか ひかたにこかと』ホ21

 
みつ(見つ/放つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・囲む」、裏を返して「B: 離す・分ける・区切る」などの意。

類語:「かき(垣)かこ(籠・囲)」「かゐ(貝・卵)」「から(殻・骸)」「くり(栗)」「かめ(亀)

 
 

【三】
さん。みっつ。 満つ (父と母と子)。

『いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしま』ホ3
『はやこかみつこ ひはたけこ おきつしまひめ』ホ6
『なもみつきつね みそみよろ たまたちせんお かたかこふ』ホ8
『ややゆるさるる みことのり みつひこかこと もろきつね』ホ8
『ゆみつきのよは ゐのみつに ぬえあしもちか かたをゑお』ミ7

全部見る 

 
「みつ(満つ)」の名詞化。
また「み(三)」+「つ(箇・個)

派生語:「みつこ(三つ子)」「おきみつこ」「みつきつね(三狐)」「みつひこ(三彦)

  

10/03/02

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】